2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 居ながらに季節楽しむ窓向こう | トップページ | この気持時の流れに追いつかず »

2013年11月30日 (土)

見守られ育ててもらい孫の作

 都下に住む娘宅へカミさんと出かけました。

3歳になった孫娘が通う保育園の作品展に呼ばれたのです。

故郷からの新米を背負い、りんごやオムツを持って出発。

ジジババが来るというので孫は早朝からはしゃぎ回っていた
そうです。行くと喜ばれるというのは気持がいい。

お天気は良し、保育園までの木々も艶やか(写真上)

孫が写った写真(写真中、孫は左上)、孫の作品3点(うち1点
を写真下)などの作品や同じ年頃や年長組の園児たちの作品
を鑑賞しました。顔絵は友達どうしを見ながら描いたとか・・。

乳児から6歳までの体と知能の発達は凄いですね。
お蔭さまで自分らの孫もすくすくと育っています。

これも立派な施設、親切な保育士ら皆さんのお陰ですね。
ありがとうございます。

お別れには、孫娘がわが夫婦の頬にチューをしてくれました。

蔭さまで楽しい1日を過ごせていただきました。
Img_26251

Img_26271

Img_26331

« 居ながらに季節楽しむ窓向こう | トップページ | この気持時の流れに追いつかず »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見守られ育ててもらい孫の作:

« 居ながらに季節楽しむ窓向こう | トップページ | この気持時の流れに追いつかず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本