2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今年また何事もなく年が暮れ

 2013年の残り時間も約6時間半弱となりました。

咋年は病気入院もあり一時期慌ただしいこともありましたが
今年は何事もなく年が終わりそうです。
お蔭さまでこのブログも1日も欠かすことなく続けられました。

まあ、強いて挙げるとすれば・・
今朝、娘と口喧嘩、娘が怒って帰ってしまったことかな・・。

さて、今年はどんなことがあったか?

1.ウォーキングは・・
 (1) 塩の道(2泊3日、新潟県糸魚川市~小谷村千国まで)
 (2) 北国街道(前泊で長野市善光寺~信濃町柏原まで)
 (3) 奥州街道(日帰りで白河~白坂まで)

2.旅行は・・
 (1) 高校クラス会(長野市)、翌日は上記の北国街道へ)
   首都圏在住組は春夏秋冬の年4回開催
   恩師、級友共に亡くす。(死亡率20%)
      夫婦で群馬県伊香保温泉へ、榛名湖、箕輪城址へ
   旧職場関係グループとの交流も・・。
   
 (2) 亡き母の七回忌法要(長野県千曲市、小諸市)

3.地域活動は・・
 (1) 二つのグループの役員に(2014年3月末まで)
 (2) 新たに「川柳句会」を立ち上げて運営委員に

4. 本を年間最低100冊読む予定だったが・・達成できず残念。

5.WindowsVistaからWindows8.1へOSを切換中、現在進行中

6.病院へ・・検査と治療に月3回の通院

・・などなど、凡人ブログの大晦日です。



 

2013年12月30日 (月)

ネコとオレ犬に追われて閉じこもり

 昨夜から次女が愛犬2匹を連れて里帰りしています。

まず、いつものことながらわが家の飼い猫がパニックに!
今朝も今朝とて早くから飛び回る気配がしています。

終日、階下は小型犬2匹の運動場に、2階から下りれば
おやつをねだる2匹に追いかけ回される。

カミさんと次女は無類の犬好き、私も犬は嫌いじゃないが
お付き合いもほどほとがいい。

階下のテレビは前回のNHK連ドラの総集編を放映中で、
しかも、これがまたなが~いんだ。チャンネルは変えられ
ないしネ。母娘の関係は男のオレにはわからん。

仕方なく私とネコは2階の自室に閉じこもりでした。
モモ(ネコの名前です)しばらくのガマンだよ。

Img_26871

Img_26791_2

2013年12月29日 (日)

食い物があれば女房留守もいい

 昨日は、朝から夜まで畳替えに伴う片付けで疲れました。

こんな句があります。
  「畳替えきれいな夢がみられそう 南都」
ぐっすり眠ってしまい、きれいな夢をみたかどうかは不明。
でも、新しい畳の香りっていいですね。

今日は朝食後、カミさんが都内の次女宅へ出かけて留守。
夕食を済ませての帰宅だというからまる1日は自分のモノ。

やりかけだったパソコン作業をしたいのと、一人でユックリでき
る時間がほしいのでカミさんの留守は大歓迎です。
食い物は冷蔵庫にあるもので間に合わせればいい。

ところがあまりユックリできなかったんです。
カミさんから電話が3本、部屋の整理と正月準備の指示。

パソコンへの入力と帳票作成、なかなか思うようにスムースに
いきません。時間が経つのが速い!

昼食はカップ麺とバナナで済ます。

午後もパソコン作業で四苦八苦。
アッという間に夕方です。

夕食もあれこれ準備、温め、食べる、片付けなど日頃やりつ
けないことで時間がかかる。それにペットの餌やりも・・。

洗濯物の取り込み、明朝の本年最後のゴミ出しの用意など・・、
まったくキリがない。

家事の大変さを身をもって体験した年末の1日でした。


2013年12月28日 (土)

あの時のニュースが読めぬ畳替え

 暮れも押し詰まったこの日、6畳2間の畳替えをしました。

朝、職人さんの畳上げを見て、おや!畳の下に新聞紙が敷いてない。
自分の記憶では畳替えで、確か畳の下に新聞を敷いたはずだが・・。

畳を上げると、黄ばんだ何年か前の古い新聞が出てくる。
それを読んで・・・
「あの時、こんなことがあったんだ」と懐かしむのが楽しみでした。
職人さんに聞いたら、今は新聞紙を敷かないそうです。

そういえば、実家を出て以来、自分で畳を替えたことがない。
今の家を新築した時も、畳を敷く時に立ち会っていない。

今日見たら、畳の裏に防湿用ビニールが貼ってありました。

「女房と畳は新しいほど良い」と、言われます。確かに新しい畳はいい
匂いがします。(写真)、古女房は取り替えられないから諦めます。
Img_26781

2013年12月27日 (金)

見透かされカネに釣られて堀埋まる

  ラジオによると今日のニュースランキング1位は安倍首相
の靖国参拝問題、2位は沖縄県辺野古埋め立て問題でした。

沖縄県の仲井真知事は普天間飛行場を名護市辺野古へ移
設するための国の埋め立て申請を、今日午前承認しました。

解説によると・・
国は毎年3,000億円(初年度は3000億円超)を8年に渡って沖
縄の経済振興策として投入するそうです。

ところがこの支援金の用途も決まっていない。
果たして沖縄県民を本当に幸せにするのだろうか?・・と疑問
を呈しています。過去の例を見ればわかることだ・・と。

結局はカネがほしいがホンネ・・との結論です。
沖縄も決して1枚岩ではない。
知事も、公約違反となる沖縄県選出の自民党議員もカネで釣
り上げられた。


カネは投入するとしても、米国相手の交渉です。安倍首相は知
事との約束を守れるでしょうか?

さて、靖国問題の続きです。
安倍首相の靖国参拝、米国への通告は参拝1時間前だった。
オバマ大統領は自粛するよう首相に伝えたそうです。
米国からのコメントを訳すると・・
「君は友達だけど失望したよ」・・となる。

この言い方、米国では相手に対するお別れ通告だそうです。
相手が恋人だったらそれでオシマイ!

さあ、どうする!安倍さん!
わが国が四面楚歌で困るのは国民なんですよ。

2013年12月26日 (木)

どなたかがほくそ笑んでる宮参り

 今日のトップニュースは、安倍首相の靖国神社参拝でした。

参拝について国民の意見はさまざまです。さまざまでいいんです。

外交面では、先が見えない対中韓両国関係に恰好な話題を提供しました。

尖閣諸島の領有権を主張している中国に「だから日本は軍国主義に向か
っているんだ」・・と中国国民のナショナリズムを煽る口実を与えました。

韓国では、大統領の現外交姿勢が変わりそうな雰囲気だった・・とか。
「告げ口外交」、「おばさん外交」と言われるおばさん大統領の支持率が落
ち経済にも陰り来ているとかで・・。

ところが安倍首相の靖国参拝で、「やはり日本は信用できない」とますます
強弁になるかも。おばさん大統領も韓国のナショナリズムを煽りますから。

首相の靖国参拝、今頃、お隣のおばさん大統領、ほくそ笑んでいますよ、

安倍首相の参拝後、数分で韓国のテレビが伝えたのがその証拠です。

どう考えてもこの時期に参拝するのは良くなかった・・と言えますね。


「痛恨の極みで済まぬ宮参り」
「行きたけりゃ総理を辞めて行けばよい」

「ジイちゃんがあの世で喜ぶ宮参り」・・これは言い過ぎかな。


2013年12月25日 (水)

深夜ふと目覚め下五を改める 山本翠公

 2014年も目と鼻の先になりました。

1月の予定で日数が一番取られるのが地域団体のイベントです。
3月まで役員ですので淡々とこなすつもりです。

まず・・
絵画、手芸、陶芸、墨彩などの展示会が1週間続きます。
作品の搬入、掲出、撤去、受付など都合3日間は参加します。
それに期日前の打合せなど。

パソコンによる作品目録の版作成が私の当面の作業です。

次に・・
松が取れると、川柳会の1月例会が待っています。
これが1番楽しい!

前もってお題句を集めます。
昨夜、会員全員の句が集まりました。まとめて一覧表に載せ作者名
を消して会員で評価し合います。これに加えて各人が持参した3句の
自由吟を選者が評価し発表するものです。

その他では・・
セミナーへの参加、病院への通院、新年会が3回など結構忙しい。

この時季、深夜のトイレではベッドに戻っても目が覚めてしまいます。
そんな時は普通なら本を読みますが、今は句会の発表句の訂正を
しています。状態はタイトルに書いたとおりです。

2013年12月24日 (火)

進化する情報機器を持て余す

 Windows 8.1を購入しました。

今あるパソコンはXPが2台(1台はカミさん専用)、Vistaが1台です。

私のXPは2ヵ月前からダウンしており、実質的にはVista1台です。
なにかVistaに障害が起こるとさまざまなデータ処理ができません。

それに2014年3月末でXPのサポートが打ち切りです。

そんなわけで、思い切って8.1を買ったのです。

新しい機器は軽いから運びやすいし、ノートだから場所も取らない。

しかし、OSの考え方は大きく違いですね。
新機種の立ち上げに苦労しています。

インタネッのト設定は終了、まだメール、データの移し替えなどが残
っています。

機器についている説明書も薄っぺらな小冊子だけ。
仕方なく、プロパイダーのHPをVistaで開きながらの作業です。

でも、何とかなるでしょう。今までも何とかなって来たから・・。

2013年12月23日 (月)

友稼ぎ1日前のプレゼント

  天皇誕生日で休日の今日、娘ムコ殿からメールが入りました。

共働きの娘夫婦、1日繰り上げてのクリスマスイブを祝うらしい、
贈られたクリスマスプレゼントの写真付きお礼メールでした。

プレゼントを広げて口を開けている孫娘、開いた口の意味はなん
でしょうか?

意味なんてどうでもいいですね。元気で育て!
会えるまであと1週間余、正月が楽しみです。
2013122323

2013年12月22日 (日)

人去って冬至の夕日樹に煙り 桂信子

 今日は冬至ですね。

30分ほど前に陽が沈みました。
冬至の夕日が農家の屋敷林の向こうに沈んでいく様子は、タイトル句に
詠まれているとおりでした。空が澄んでいるので美しさが格別でした。

昨夜もゆず湯に、今夜が冬至当日、本番のゆず湯です。
ゆず湯と冬至がどう関係しているのかわからないままの入浴。

さて、数日間サボっていたウォーキングを再開しました。

年度末は道路工事が多くなりますね。
自宅裏の架け替え中のコンクート橋も、車が通れるようになりました。
小中学校の通学路も遠回りなど、近隣の不便さは3月末まで続きます。

こんな見学も含めて1時間近く、速足で歩くと体が暖まります。

明日から少しずつ陽が延びますね。
寒いけど歩くには最適です。

写真:架け替えた橋です。
Img_2676

2013年12月21日 (土)

型落ちの本で過ごそう寝正月

 年末年始は特に予定なし。

随一の楽しみは孫に会えること。

この時期のヒマつぶしには読書が最適。
読みたい本を図書館ネットで何冊か探してみました。

話題本は300人に迫る予約人数です。凄い行列!
2週間の貸し出し期限(期限の延長は不可)で計算しても
10年以上かかる。待っていても今生には借りられない。

それで、自分の読みたい本のリスト(数年間分のファイル
があるんです)から選ぶこと・・に。いわば「型落ち本」です。

この中から今日は数冊借りてきました。

それにネットで行列ができる本も予約しておきましょう。
ガマンできなくて途中でキャンセルする人がいますから。

こんな本がネット予約に常時15冊くらい残っています。

そんなに読みたいなら買ったらどかって・・。
本も高いんです。
それに買って読んだ後は2度と読まない。
買ってもせいぜい新書版までです。

2013年12月20日 (金)

迷う人高齢者なら何て呼ぶ

 自宅の近くに防災無線のスピーカーが設置されています。

定番は午後3時、下校時の小学生の安全を呼びかける放送です。

不定期で最近増えているのは私と同世代の迷い人です。
さっきも放送がありました。

「○○さんという69歳の女性が、昨夜から自宅を出て未だ帰宅して
おりません。特徴は××、お心当たりの方は警察署へご連絡を」

女性が多い、殆どは60歳後半から70歳前半のおばあちゃんです。
後期高齢者は施設の入所者が多いから迷う心配がないのかな?
それにしても男の高齢者はどうしてるのだろう。

この寒空で雨、ご家族の心配を考えると他人事とは思えない。
「迷子」は立派な名詞ですが「迷老」はまだ認知されていませんね。

尊厳さを大切にした適切な言葉がほしいですね。
放送を聞きながら同世代の迷える人たちを気遣っています。

2013年12月19日 (木)

何かしら背後で動く影思う

 メディアは猪瀬東京都知事辞任のニュース一色!

確かに現金5,000万円の疑惑を招いたのは彼の自業自得です。
結果として辞任は当然かも。

でも、この落度を見つけ辞任に追い込んだのは単なる成り行きでしょうか?
私には何か巨大な力が背後に動いているような気がします。
彼を辞めさせたい大きな力が5,000万円疑惑を暴露、利用した・・と思います。

こう考えると・・
政治家、官僚の力を甘く見ていた猪瀬知事は政治的にはアマチュアだった
といえるでしょう。書斎からの政治や官僚批判でしかなかったのです。

国政や地方行政に明るいスタッフを抱える、問題が起こっても即イエス、ノ
ーを示さないで周囲の情勢を分析して政治的に動く・・など慎重な行動を採
っていれば5,000万円の授受もなく平穏だったはずです。

こうして考えると、猪瀬さんはスタッフが適役だったですね。


2013年12月18日 (水)

作ります生きてる証し年賀状

 年賀状作りを始めました。

年々、出す年賀状は減っています。
メールに代えたり、相手が亡くなっているから・・。

逆に私にとって年賀状は知り合いに「生きている証」を示す連絡文です。

さて・・
いつもは使わない年賀状作成ソフト、パソコンには常駐させていません。
インストールするのが面倒なのでWordを使って作ることに。

まあ、何とかデザインしました。

わが家は夫婦両名でなく夫婦別の名前で作成します。
それぞれ手書きのコメントを入れる空白を作っておく。
受け取る気持で考えれば印刷文だけでは気持が通じないと思うから・・。

私の分には、今年から始めた川柳を1句載せようと思っています。
例えばこんな句はいかがでしょうか?
「今年また曲りなりにも生きていく」

まず、カミさん名の分を印刷、続いてデザインを変えた私の分を印刷。

明日にでも宛名を入力すれば完了。
年末の作業が1つ片付きます。

2013年12月17日 (火)

ジャングルとネコがにぎわすこの季節

 師走の外回りの予定は昨日で終わりました。

残りは家でやることばかり。

年賀状作り、大掃除、自動車任意保険の更新、依頼されている文書の更新など。

家の内外にあるグリーンの移動が終わり、寒さに弱い種類はわが部屋に集合。
部屋の中は、一見ジャングルの風景に・・。(写真下)
窓際のシャコバサボテンは今満開です。

それに夜はネコが暖を求めてわがベットに乗って来ます。
「この歳でネコの夜這いに悩まされ」、相手はメスネコです。

今は入ったニュース、ポスティングシステムにより日本選手の米メジャーリーグへ
の移籍協定が日米でまとまったとか・・。

田中将大は楽天球団に移籍を申し入れたそうです。
球団は残留で慰留するとか、ストーブリーグの大きな話題ですね。

さて、あと2週間「なんとなく曲がりなりにも年が暮れ」・・と、いけばいいんですが。

今日は旧暦の11月15日で満月ですね。お月さんが見えるといいなあ。Img_2666

2013年12月16日 (月)

元気ですまだ病院へ通えます

 術後の定期検診日でした。

この季節、大学病院へ行くには、朝の6時半に家を出ます。
今朝は朝焼けがきれいでした。(写真下)

検診は9時台に予約を入れてあります。

その前に8時から採血があり、採った血液の検査結果を
基に診察が始まります。
採血が遅れると血液検査が遅れ、診察が遅れる。
このリクツで朝が早くなるのです。

この朝は採血12番、診察1番で9時15分にすべて終了。

検査結果による医師の所見は・・
「主要マーカーが微増している。この数値が○○を超えたら
薬の使用をお勧めします。次回の検査結果で診ましょう」

術後の数値を時系列で見れば素人でもトレンドは読める。
PETでも病巣が発見できないから、局所治療もできない。
薬事療法による間接治療ですね。

まあこのあたりが現代医学の限界かも・・。

とりあえず、数ヵ月先まで命はありそうです。
次回の検査・診察も予約しましたから年も越せそうです。Img_26731




2013年12月15日 (日)

はずしたいでもはずせない肩を貸す

 寒かったですね。風が冷たかった。

北国からは雪の便り、いよいよ冬将軍の襲来です。

所用で都内へ出かけました。
JR車内は暖房が効いていて快適、ついウトウトします。

隣へ座ったロングヘアのお嬢さん、座ってすぐに居眠り。
私の肩にカラダを預けてスヤスヤ、これが意外に重い。

現役時代、イッパイ飲んで帰る時にはよく経験したけど
真昼間に若い女性に肩を貸すとは珍しい!

外したいのに外せない。
次の駅に着くと何事もなかったように下車していきました。

JRの乗換駅から2つ先の私鉄駅まで45分歩きました。
寒いと前屈みになるので出来るだけ背を伸ばして歩く。

紅葉を映す公園の池にはカモが元気に動いていました。
Img_26691

携帯には元気に遊ぶ孫の写真が・・。
最近夜に,ご機嫌伺いの電話がかかってくるんです。
20131215

2013年12月14日 (土)

にきび面白髪や禿げの半世紀

高校の同窓会から同窓会報が送られてきました。

同窓会報は会費を払い忘れても律儀に送ってきます。
創立して100年以上、卒業して来春で55年になります。
同期生は殆ど現役を引退していますから、会費などは現役世代
に負担してもらえばいいんでしょう。・・と勝手に解釈。

同級生だったW君、この秋N市の市長を3期12年で引退し母校
の同窓会長に就任、名誉職を引き継ぎました。
地域活動、後輩支援、同窓生の親睦が柱とか、期待しているよ。

彼の挨拶文が会報一面を飾っています。

東京五輪招致成功に触れて、後輩のI都知事の名前を挙げてい
ますが、この原稿は5000万円事件以前に書かれたものですね。

毀誉褒貶のこの世界、今だったらどんな言葉になったか?
それにしても時の流れは一時も止まりません。

2013年12月13日 (金)

雪男ネッシーUFO人の癌

  1974年の<メディカル・ワールド・ニュース>によると、報告や
報道が相次ぎながらも、まだ見つかっていない四大ミステリはタ
イトルある四つだと下の本に書かれています。

それから40年後の今では・・
四つのうち癌はその根本的な原因が明らかになっています。

今、『病の皇帝「がん」に挑む 人類4000年の苦闘 下巻』
(シッダールタ・ムカジー著、田中 文[訳])を読書中です。

下巻はタバコと肺癌の関係では米国公衆衛生局長とタバコ会社
との熾烈な戦いが、次いで乳癌治療における「新薬」をめぐる壮
絶なドラマが展開されています。

胃癌も然り、それぞれ長い研究と治療の歴史があるんですね。

“癌はわれわれ自身が体内に持つ遺伝子の突然変異の蓄積に
よるものだった”・・とありますが、なぜ突然変異を起こるかか未
だわかっていないようです。

著者は腫瘍内科医で癌研究者で、現在はコロンビア大学の准教
授で、専門用語もふんだんに出てきますが素人にもワリと読み易
い本です。癌に悩む人が多い(私も)ためか沢山の人に読まれて
いるようです。

560頁の半分ほど読みました。未読ですが上巻もあります。

2013年12月12日 (木)

アクションの仮想世界に入り込み

 上映中の米アクション映画「REDリターンズ」を観て来ました。

REDとはRetired(引退した) Extremely(超) Dangerous(危険人物)のこと。

出演はブルース・ウィリス 、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー、 イ・ビョンホン、アンソニー・ホプキンス 、ヘレン・ミレン ・・などなど。

引退したチームREDをふりかかったこととは? ストーリーはこちら

目まぐるしく変わる場所、連続するアクション、不死身なブルース・ウイルス、
アクション場面に目を奪われてストーリーを追いかけ切れない状態。

そうそう韓国俳優のイ・ビョンホンが出ていました。それも最強の男として。

まあ、いつもの米国アクション映画です。
主役になって映画に入りこんだ気分になり、2時間近く浮世のことを忘れる。

これでいいんじゃないでしょうか?

写真:自室窓辺のシャコバサボテンの花が咲き始めました。Img_26651

2013年12月11日 (水)

散り惜しむもみじと落ち葉歩く道

  地域グループの役員会に車で出かけました。

年度末まであと3ヵ月余り、今期の残りイベントと来期への
引き継ぎ課題など討議、議題はなんとかまとまりました。

帰路は少し遠回りして、自然公園の1周5Kmの遊歩道を歩
きました。
初冬の日差しの中、風もなく快適な歩行でしたよ。

何よりも人が少ない。まあコースは貸し切り状態。

紅葉が名残り惜しげに残っていて、足元は落ち葉サラサラ
そんな風景を写真に撮りました。
Img_26642

2013年12月10日 (火)

鳴る風は消えた臓器の呼ぶ声か 今川乱魚

  今年9月に立ち上げたM川柳の会の指導者は千葉県のT川柳会
代表のE先生です。

そのE先生から「今川乱魚の歩み」という小冊子をお借りしました。
乱魚の句に興味を持っていた私にとのE先生のご配慮です。
乱魚はT川柳会を立ち上げ、そこのお仲間がE先生だったのです。

今川乱魚(本名 充)は1935年(昭和10)生まれ、2010年(平成10)に
胃癌のため亡くなりました。享年75

この小冊子で知った「癌と闘うーユーモア川柳乱魚句集」(新葉館版)
を読みました。(「お気に入りの本」参照)

冒頭のこの句から始まります。
  「癌告げる医師の消え入りそうな声」
  「生きるためなら病院のはしごする」
  「世の義理をすませて癌と対座する」

  ・・検査、手術、リハビリ、見舞い、思い出などの句が続きます・・
  「見舞いには日本銀行券がよし」 同感です。

最後は愛妻家乱魚の句です。(以下は小冊子に載っている句です)
  「妻愛す妻につながる人愛す」
  「妻に手を振ろう役者になり切って」

とてもユーモアと言えないでしょう。心の葛藤と愛の句かも。

私も自分の病気ではこんな句を作りました。
  「猶予付き死刑判決癌告知」
  「一瞬の間をおいてから癌を告げ」
  「自血採る自血自給の癌手術」
  「見せ合って傷口自慢露天風呂」
  「三月ごと命手形を書き換える」

今の私はこの最後の句の状態です。
こんな句から乱魚を紹介されたのかも・・。

来週に次の検査が待っています。

2013年12月 9日 (月)

父母送り友が逝くころ般若経

 今年の9月、同郷の同級生だったK君が病死しました。

きょうは彼の細君の案内で、同級生仲間5人と彼の墓参をしました。

電車とタクシーを乗り継いで約2時間、壮大な墓地の一角に彼は眠
っていました。周りはまだ紅葉がわずかに残るなだらかな山並みが
広がる丘陵地、永久の眠りにふさわしい所です。

私は覚えたての般若心経を唱え始めましたが途中で挫折、十句観
音経に切り替え急場を凌ぎました。やはり頭が固くなっていますね。

K君の細君は話上手、亡き友の生い立ち、仕事、家族との関係など
を明るく語ってくれましたが、表情が明るいだけに心の奥の寂しさが
伝わって来るような気がしました。

わが世代、猛烈に働きましたね。K君も深夜帰宅、酒、夜食、早朝
出勤でがんばったそうです。それに無類の酒好きで量も多かったと
か、そんな生活習慣が早めの旅立ちになった原因かも知れません。

さて、次のお迎えは誰に回って来るでしょうか?
人生の終末は片道切符の一人旅です。覚悟しなければネ!

写真:庭の花、名前不明です。
Img_26601

2013年12月 8日 (日)

「オイ」と呼ぶ妻は来ないで老いが来る

 昨日からの読書の続きです。

「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」(多湖輝著)に
上記タイトル文が載っていました。

要は脳を元気に動かすには、妻を「オイ」呼ばりはダメ、名前
で呼べということです。

小生、自分の機嫌が上向きな時はタマにカミさんを名前で呼
びます。
でも今、自分の機嫌は下り坂、またの機会にしましょう。

もう一つ、物などを「アレ」「コレ」と言わないで具体的な物の
名前で言え・・と書かれています。これは私には該当せず。

今日、言いたかったことは・・
「いくら早くても、目が覚めたときが『起きどき』」だという項目。

夜11時に寝て、深夜2時前後には目が覚めてしまう私。
深夜の目覚時間はトイレ、読書の時間です。これが約1時間。
その後また眠る。再度目が覚めるのは5時前。

だいたいこのサイクルです。
2時に起床しても1日が長すぎます。

2013年12月 7日 (土)

他人にはオレの不幸は蜜の味

 本(「100歳になっても脳を元気に動かす習慣術」多湖輝著、
日文新書)を読んでいたら「人の不幸は蜜の味」とありました。

確かに、他人の失敗は自分に関わりのない世界ですから気楽
に聞けます。

これを逆にとれば他人には「オレの不幸は蜜の味」です。

自分の失敗段を話のネタに使えばコミニュケーションも図れる
し自分の脳の活性化にも役立つそうです。

つまり恥を忍んで、自分の失敗段を語れば相手に優越感を与
え、良い気持ちにさせることで自分自身も解放されると説いて
います。

年季の入った年配者なら失敗ネタに事欠かないはず、それを
恥じることなく話せる厚顔(年齢にも)になっている・・・と。

さっそく応用しましょう。
今、付き合いの浅い人とのコミニュケーションに悩んでいる私。


まず、失敗談のネタを整理しなきゃネ。

きょうのブログはこの句でオシマイ。
  「盛り上げる笑って話すオレの恥」

写真:近所の皇帝ダリアもそろそろ終末期です。
Img_26561_2

2013年12月 6日 (金)

食べながら箸でここよと探し物

 第4回目の川柳句会でした。

互選句(課題「怒り」)1句と自由吟3句を提出。

互選句は、前以て提出された句の一覧表(作者名は消されている)
を全員に配布します。参加会員は一覧表から自分の句を除いて3
句を選びます。
会員からの得点に先生の評点を加えた合計点で順位が決まります。

きょうのお題「怒り」の特選句は・・

   「腹の虫鎮める酒が薄すぎる」(かずえ)

自由吟は先生が選者です。

今日の秀作は・・
   「酒とろり帰らぬ人を待っている」(かずえ)

そう、2句とも作者は同じ人です。
この人は他の句会でも20年以上活躍している女性です。
「川柳はポエムだ」が持論です。追いつけないですね!


ちなみに私の「怒り」の句は(4位)で・・
   「天安門怒りの底にある涙」

ブログのタイトル句は私の自由吟で佳作でした。

他の人との比較はあまり問題ではありません。
句を考えて作ることに意義があります。いわゆるボケ防止です。

2013年12月 5日 (木)

団らんも言葉ひとつで貝になる 健康川柳

 朝食中に年がいもなくカミさんと口喧嘩。

そのままズルズルと口をきかずに午後まで・・。

午後は早めに地域グループの忘年会へ。
目的地の最寄駅、2つ手前の駅で下車して40分歩いて
会場へ。

いやなことがあった時は歩くに限ります。
小春日和の神社境内を歩けばモヤモヤは消えます。

17名参加の忘年会は盛り上がりました。
飲むほどに酔うほどにカミさんとの喧嘩も忘れました。

こんな日もある師走の1日でした。

明日は川柳句会の日です。楽しみですよ。

写真:夕暮れが近い神社の参道
Img_2654

2013年12月 4日 (水)

焼き場いやそれなら人の世話を焼け

 2003年6月16日の82歳で亡くなった春風亭柳昇の著書
「柳昇の新作格言講座」(講談社版)を読んでいます。

享年82と言えば男の平均寿命のちょっと上、私も良くて
そんなところでしょう。

まあ、それはそれとして・・・この本の154頁に、
“年を取ったら「頭の尻たたき」”・・という項目があります。

今日のタイトルは「早くに焼き場に行きたくなかったら、町
会の役員にでもなって人の世話でも焼け」ということです。
年々減っていく脳細胞を少しは遅らせるための手段です。

この落語家は仕事に趣味に幅広い活躍していましたね。

本職の落語では古典落語の他に新作落語も考えた。

日用品の改良も重ねて実用新案の権利も取った。。

狂歌作りもやって本を出した。

自伝的爆笑小説、エッセイ集を出した。

私もいろいろやっているつもりですが、なかなかモノになら
ないんです。
でも、まあいいか!


<物忘れ せぬように付けた 備忘録 
       どこへやったか それを忘れる」>(本書より)

2013年12月 3日 (火)

うれしいね天に上るかこの気持

 夫婦で娘から食事会に招待されました。

場所は東京・新宿のPHホテル52階のレストラン。

都下に住む長女が、休暇をとって歯の治療で都心で出てきた
ついでに誘ってくれたのです。娘(わが夫婦の孫)は保育園、
ムコ殿は勤務中です。

共働きで子どもを育ている娘夫婦、わが夫婦の応援に応えて
セットしてくれたようです。ボーナスを出たそうですから・・。

晴天の東京を見下ろしながらの食事は格別!
母娘の会話は弾みましたね。私は専ら聞き役でした。

娘の気持が嬉しかった1日でした。

写真上:52階から東京スカイツリー方面
     スカイツリーは右上に見えます。
写真中:同じく国立競技場、東京タワー方面
写真下:デザート(デザートはカフェテリア方式です)Img_26481

Img_26491

Img_26471

2013年12月 2日 (月)

夫婦して体重増えて師走入り

 毎朝、体重と体脂肪率を計測して記録しています。

この2つの数値の傾向を見ると明らかに微増し続けています。
そんなに食べている覚えがないのに!

カミさんも同じで・・
期せずして異口同音、朝の一声が「また増えている!」

・・というわけで昼食を兼ねて歩くことに意見が一致。

往復2時間、小春日和の陽を浴びながら歩きました。
1日で体重が減るわけでなし、次の手をどう打つか考えながら。

近くの家で夏ミカンが輝いていました。
昨年、いただいたのですが「甘なつ」とは言え甘くなかった。

道路にはみ出していますが、少しも盗られた形跡がないのは
甘くないを皆知っているからかも。

「色がいいその手に乗らぬ夏ミカン」といったところです。Img_26461

2013年12月 1日 (日)

この気持時の流れに追いつかず

 きょうから12月、2013年もあと1ヵ月です。
時の流れが自分のはるか先を走っている感じです。

この日、暖房用の灯油を買いに行きました。
巡回販売で購入すると買いに行くより18Lで300円高いん
です。3~4缶のまとめ買いですからこの差は大きい。

今月の予定は忘年会が3回、気が重い病院へは3回、
地域活動が2回、セミナーが1回、趣味の集い1回、先日
亡くなった友人の墓参りなどが予定されています。

更に年賀状作成、カミさんから大掃除のご下命も必須です。

間をぬってゆっくりと1日歩いてみたいと考えています。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本