2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« うれしいね天に上るかこの気持 | トップページ | 団らんも言葉ひとつで貝になる 健康川柳 »

2013年12月 4日 (水)

焼き場いやそれなら人の世話を焼け

 2003年6月16日の82歳で亡くなった春風亭柳昇の著書
「柳昇の新作格言講座」(講談社版)を読んでいます。

享年82と言えば男の平均寿命のちょっと上、私も良くて
そんなところでしょう。

まあ、それはそれとして・・・この本の154頁に、
“年を取ったら「頭の尻たたき」”・・という項目があります。

今日のタイトルは「早くに焼き場に行きたくなかったら、町
会の役員にでもなって人の世話でも焼け」ということです。
年々減っていく脳細胞を少しは遅らせるための手段です。

この落語家は仕事に趣味に幅広い活躍していましたね。

本職の落語では古典落語の他に新作落語も考えた。

日用品の改良も重ねて実用新案の権利も取った。。

狂歌作りもやって本を出した。

自伝的爆笑小説、エッセイ集を出した。

私もいろいろやっているつもりですが、なかなかモノになら
ないんです。
でも、まあいいか!


<物忘れ せぬように付けた 備忘録 
       どこへやったか それを忘れる」>(本書より)

« うれしいね天に上るかこの気持 | トップページ | 団らんも言葉ひとつで貝になる 健康川柳 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼き場いやそれなら人の世話を焼け:

« うれしいね天に上るかこの気持 | トップページ | 団らんも言葉ひとつで貝になる 健康川柳 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本