2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

天眼鏡なければ読めぬ寒見舞い

 女性の友人O(オー)さんから寒中見舞いのハガキをいただいた。

Oさんとは、彼女が某大手企業の社長秘書時代に仕事外のサーク
ル活動で知り合った。以来20数年が経つ。

東京・根岸にご夫婦で住んでいて子供はいない。
われわれの東京・下町探索にご協力をいただいている。

今年、Oさんから年賀状が来なかった。
何かご不孝でも・・と案じていたら、やはり父上を亡くされていた。

Oさんからいただくハガキには特色がある。
まず、ハガキに溢れんばかりの文字が詰め込まれている。
その数、約1400文字、それに写真が2葉、1葉は必ず夫婦で撮った
ツーショット写真だ。ハガキの末尾には夫婦のお惚気文がある。

今日の寒中見舞いも例外ではなかった。
老眼鏡プラス天眼鏡でなければ読めない!

寒中見舞いにはお父さんへの想いが切々と綴られていた。
過去の思い出、見舞い、介護、施設探しなど、わが娘では考えられ
ない内容だった。
きっと素敵なお父さんだったのだろう。

文末にいつもあるお惚気文はなかった。
多分、余白がなかったのだろう。

Oさんは、今年ぜひ会いたい人の1人だ。

写真:自室窓際のシャコバサボテンが咲きました。

Img_27411

2014年1月30日 (木)

順番が逆になってもブログです

  昨日は、わが家の飼い猫モモの退院報告をした。

昨日、獣医師が「30日も連れて来い」というので今朝も動
物病院へ。

今朝、モモは診察台の上で朝食の餌をモリモリ食べた。
家では同じ餌をなめるだけ、水も飲まずオシッコもしない。

「どうなっているんだ!ここで引き取ってくれ」という気持ち。


さて、順番が逆になったけど昨日の猫の退院前まで遡る。

地域グループの美術工芸作品展の受付業務を3時間担当
した。初めての経験で50人を超える入場者を迎えた。

2人1組の受付仕事、相方のSさん、和服をお召の落ち着い
たご婦人だった。やはり作品展向きの雰囲気が漂う。

Sさんは油彩画2点と人形を出展していた。
いろいろお話を承った。違う世界の方との会話は新鮮で楽し
い。

写真:出展された花(カトレア、上)とSさんの油彩画

Img_27341

Img_27381

2014年1月29日 (水)

難病が人より先に来たペット

 わが家の飼い猫のモモ、昨日から入院していたが
今夕退院した。それも4才で胃ろう付きで・・。

この2週間、体重が半分に減った。餌も受け付けなく
なって水も余り飲まない。

獣医師によると、腎臓の働きが悪いという。
何とかの数値が、普通ならご臨終一歩手前だそうだ。

「死ぬのをこのまま見ていられない」・・とカミさん。

たかが猫に・・との思いがないでもないが、小さな命
でも全うさせてやりたい気持の方が勝った。

・・というワケで
今晩から猫の介護が始まる。

主としてカミさんの担当になると思うけど、私も傍観し
ているわけにもいかぬ。

多少、元気になって退院して来ただけにいじらしい。

2014年1月28日 (火)

大型店総身に知恵回りかね

  急な事情で電気炬燵が必要になりカミさんと某
中堅ホームセンターへ行った。

家電売場に数台の電気炬燵の見本が置いてあっ
たが望むサイズがない。

店員は別の客と話し中、間をみて「これだけか?」
と聞いたら数メートル先の雑貨売場に案内された。

ここからが大変・・!
品物とPOP (商品名や価格を示すカード)が一致
しない。雑多な売場、明らかに人手不足か基本が
出来ていない。

聞きたくて店員を呼んだがなかなか来ない。

やっと来た男性店員も商品番号がわからない。
在庫状況を調べに行ったきり帰って来なかった。

代わりに来た女性店員、調べに行ってまた待たさ
れた。普通ならここで帰ってしまうところなのだが・。
呆れてカミさんは別の買物に行ってしまった。

結局、倉庫から商品を搬出して来て一件落着。
この間、30分以上かかった。

在庫管理、陳列方法、売場整理、接客など課題が
多い。またITも活用されていない。
多分、中大型商品は売れていない店だと思う。

こっちはいいお客さんだね。
ガマンして待っているんだから・・、お人好だネ。

2014年1月27日 (月)

値上がりの裏に感じる再稼働

 わが家の暖房エネルギーの担当は私。
一言でいえば灯油補充係なのだ。

朝食後、灯油を購入に近くのガススタへ。
18ℓで1740円だった。昨年12年初めは1638円だったから
100円値上がりしている。販売車から買えば1950円だ。

値上がりの原因は灯油の需要期と円安が重なったため
だという。

灯油の値上げでクリーニング業界など灯油を大量に使う
業界はコストアップで悲鳴を挙げているそうだ。

それに高齢者世帯も・・、わが家もそうだけど。

貿易赤字が大きいと各メディアが伝えている。
原発運転停止で液化石油ガスなどエネルギーの輸入量
が増えているのと、円安の影響だという。

夕方、ラジオでコメンテーターが言っていた。
「原発再稼働に向けた道慣らしですよ」・・と。

輸出額も増えているが輸出量は減っている。
額が増えたのはやはり円安調整によるものらしい。

灯油の値上がりも、やはり一般庶民への謀略作戦か?
こんなことを考えながら、一滴でもこぼさないように
石油ファンストーブに油を注いだ。

それに情報も深読みしなければネ!

2014年1月26日 (日)

まだ来ないいつも人の五・七・五

  2月川柳句会の宿題句の投稿締切日の今日、
私の手元には数人の句が来ていない。

いつも独創的な詠みをする人が遅れている。

忙しいのか?、今日を忘れているのか?、作句で苦
しんでいるのか?など推測しているのだが・・・。

興味を持って始めてみるが、すぐ壁(・・というほどの
モノか?)にぶつかって止めてしまうのが私の癖だ。

何でもそうだが習い事は奥が深い。
私も壁ならぬ障子程度で苦労しているのも事実。

比べない、羨まない、悔やまない、
自己満足の世界でいいや!
このくらいの気持ちで長続きすればいいと思っている。

「そう言えば句会は苦会に通じ」ているなあ!

「早く着け先着の句がお待ちかね」

2014年1月25日 (土)

人格と腕の良さとは比例せず

 地域サークルの美術工芸作品展の準備をした。

絵画、写真、陶芸、書、洋ラン鉢物など16分類、84点
の出品数だった。

私はアート不適合で出していない。

午前中、会場の設定、作品の受付、展示などの作業、
午後から月末31日の午前中までが開催期間だ。

絵画の展示修正をしていたら、いきなり美術グループ
のメンバーが来て「自分がやるからどけ!」と言う。

相手の顔は知っているが話したことのない男だ。
自分は慣れているが、こちらは初めての作業だ。
作業が遅いのは当たり前だろう!

もちろん・・
黙って引き下がったが無礼な言葉に腹が立った。

後で目録を見たら、彼は彫刻を出している。
作品の良し悪しは私にはわからないが、きっと立派な
モノだろうね。

腕は一流かも知れぬが人格はそれほどでもなさそうだ。

帰宅途中、5kmほど歩いたら気分がよくなった。


写真は展示会作品の一部(記事とは関係ありません)

Img_27302

続きを読む "人格と腕の良さとは比例せず" »

2014年1月24日 (金)

日没をハワイで見ればSUNSET

暖かい日だった。

池には鴨が浮いていた。
最近、見かけなかったのは、やはり寒さのせいだね。

今日は日没の写真が撮れた。
ホントは寒い方が空気が澄んできれいに撮れたかも。

日没を見ながら歩いていたら、ハワイでサンセットク
ルーズの乗ったのを思い出した。

それが句にもならぬ句でタイトルをしたためた次第。

こちらの単なる日常があちらでは観光になる。
「所変われば陽も変わる」

明日も暖かいらしい。
出かける予定があるだけにありがたい。

写真上:公園の蓮池には鴨が・・
   下:坂東十二番札所に沈む夕日

Img_27211_2

Img_27251

2014年1月23日 (木)

陽を浴びて歩いて十句一万歩

 寒い日が続いているが今日は暖かだった。

2月川柳句会の宿題句提出期限が迫って来た。

まかなか思うような句が出て来ない。
 

こんな時は、メモ用紙とペンを持って歩くに限る。
約1時間半、1万歩を歩いて来た。
 

小春日和のような陽を浴びて歩く。
考えながら歩くから時間の経つのも速く感じる。

どうやら10句ほど書き留めて来た。
Twitterに投稿した1句は・・
  「モレますか?いえモレません合言葉」
 

カメラ持参で日没を撮ろうと思ったけどシャッター
チャンスを逃がしてしまった。
 

1度にあれもこれもはムリのようだね。

 

 

2014年1月22日 (水)

この歳で小さな命消えかかる

 わが家の飼い猫モモは雌の4才。

娘が拾ってきて、実家に置いたまま結婚してしまった。

以来、4年あまりジジババが飼っている。
このところ、嫁ぎ先へ引き渡したい状態が続いている
が言い出せないでいる。まあ聞いて下さい。

このモモ、lヵ月ちょっとで3.5kgあった体重が2.6kgに落
ちてしまい、餌も余り食べなくなった。

先日、カミさんが動物病院で診てもらったら、腎臓が悪
いと言われた。また急激な体重の減少原因は不明だと
いう。2泊3日の入院検査の結果がこれだった。

体重があと100g減ればアウトらしい。

今日は私も動物病院へついて行った。

相変わらず、体重は軽く食も細い、ただ飲まなかった水
は少し飲むようになった。

帰宅後・・
注射を打ってきたら多少元気が出たようだ。
餌も少ないが食べるているらしい。
水も少しだが飲む。

どうか短期的な不調であってほしい。
拾ってきた当時、猛烈に反対したが、飼ってみればそれ
なりに情も湧く。いくら動物でも死に目に遭うのは辛い。

2014年1月21日 (火)

知らぬ間に消えていくのも意志のうち

  この日、シニア向けパソコン学習のボランティアグループの
新年会だった。

12名のメンバーのうち、健康上の理由、突発的なアクシデント、
海外に長期滞在中などで5名欠席。結局、参加者は7名に。

数ヵ月ぶりの再会、話も弾み盛り上がった2時間だった。

その中で少し気になったことが・・
このグループ、10年前は20数名だった。

その後、死亡や、宣言して退会などでメンバーは減ってきた。

退会者の中に、いつの間に音信不通になり、連絡がとれなくな
った人が数人いる。

この夜、彼らのことが話題になった。

「連絡もなくグループに参加しなくなった」・・要は「けしからん!」
ということだ。それも1人ずつ名指しで・・。

去って行く方にも・・・
グループの目的や使命との齟齬、構成メンバーへ不満などそれ
なりの理由があったはず。

去りゆく人のそれぞれのワケを取り上げてみても始まらない。

残された者に魅力がなかったと考えれば辞めた人をあげつらう
ことは自分たちの力のなさをさらけ出しているに等しい。

集合離散はこの世の常、嘆くことはあるまい・・と思うのだが・・。

2014年1月20日 (月)

このチェックたった一つで悩まされ

 Windows8.1にも徐々に慣れてきた。

先月の24日に購入して以来、悩まされたメールの送信だ。

送信したメールが「エラー553.5.7.1」表示で悉く送信拒否に。

場合によっては送信されたモノもあるから始末が悪い。

やっと今日、原因を突き止めた。

送信サーバーの設定が「受信と同じアカウントを設定する」
に✓が入っていた。この✓を外して「アカウント、パスワード」
を入力、パスワードを保存されたら解決した。

メル友の皆様にはご迷惑をおかけしました。お詫びします。

前の機器は送信サーバーが別に設定されていたのでこんな
ことがなかった・・と思う。

3つのメールアドレスを使っているので、こんな不具合が発生
したのかも知れない。

Windows8.1は確かに速い、便利だと思うが、メールに関して
はWindows7までの方が使いやすいと思うけど・・。

2014年1月19日 (日)

また来たい余韻残して孫帰る

 3歳の孫が帰った。

昨日の午前に来て、夜11時頃まではしゃぎまわって昼寝も
しなかった。

今日、「帰ろうよ」と母親が言ったら、「イヤ、まだ遊ぶ」・・と。

昼頃、グズッて眠ったところを娘がオンブして帰って行った。

ちょうど目が覚める頃に自宅に着く。
その時、どんな顔をしているのか見たいものだ。

孫は正月に来ているから、以来3週間しか経っていない。

それでも、口に出す言葉、動作に成長が見られると思うのは
身贔屓か、それとも実感か? 多分その両方だろう。

全力でぶつかって来た余韻がまだ私の体に残っている。

またおいで!

Img_27161


2014年1月18日 (土)

鴨渡る明らかにまた明らかに (高野素十)

 「鴨」は冬の季語、この季節どこの池にでも鴨はいる。
まさにタイトルの俳句のような風景を期待したのだが・・。

陽が昇った頃を見計らって歩きに出た。

寒いけど風がない。歩くにはちょうどいい。

最近できた大きな遊水地から隣町の公園の池へと歩い
たが、鴨はどちらにも1羽もいなかった。

この季節、1羽も見受けないのは不思議だ。

公園の池には何人か釣り人が・・。
果たして釣れただろうか? 多分、成果はないだろう。

鴨も魚もどこかで冬籠りかもしれない。

1時間半後、11000歩を歩いて帰宅したら孫娘(3歳)が
来ていた。

孫との交流報告は明日にしましょう。

写真:隣町公園の池、大寒間近の風景です。

Img_2710

2014年1月17日 (金)

この年の役員わかる広報誌

 4月発行予定の地域グループ広報誌に原稿を送った。

編集・発行担当役員は原稿があまり集まらない・・と思って
いるようだ。

他の役員全員に出稿願い(半強制的?)が出ているのを見
てもその心配はわかる。

昨年のそれには12名の役員全員の記事が載っている。
その年の記事を見れば(一般会員は一読して捨てているよ
うだが)、誰が役員だったかすぐわかる。

私は川柳を12句投稿した。
タイトルはその中の一句、説明は上に記入したとおり。

長い文章の編集はそれなりに大変だが、五七五なら削って
も増えても1単位17文字前後の増減で済む。

さて、読んでくれるか?
読んでくれなくていい。他の句会で発表した中から選句した
のが多いから・・。再利用ができることはエコ向きで大歓迎。

とにかく紙面が埋まったことに安堵した次第です。

2014年1月16日 (木)

材料はあるが捌けぬ未熟者

  年度末( 3月末)が近づいてきた。

役員をしている所属サークルの活動が活発になってきた。

美術工芸の展示会、広報誌の編集と発行、懇親会の企画、
業務引き継ぎや総会の準備など目白押しだ。

これらの活動もあと2ヵ月半で解放される。暫くのガマンだ。

今日は、今期の活動についての原稿書きをした。

タイトルは今年度、新たに挑戦した分野についての感想を
述べた文のタイトルで、食材があっても捌けぬ板前に例え
た自分を詠んだ句。新人は辛い!

また、更にもう一文を書かなければならない。

この方は今年度始めた川柳で片付けようと思っている。

2014年1月15日 (水)

暖かく暮れて月夜や小正月 (岡本 圭岳)

 今朝は地域グループの打合せがあり車で出かけた。
寒かった。いつものラジオ番組を聞く。

アナウンサーが「今日は小正月」だと言っていた。

そこでタイトルの句を掲げたのだが・・・
句とは真逆なお天気で、寒いし、雪の予報で曇り空、
どんよりと重苦しい。、

晴れていれば今日は満月(旧暦の12月15日)なのに。

家に帰り、カミさんに「今日は小正月だね」と言ったら
「わが家には小正月はないんだね!」・・と。

「小正月」の意味を知っていたんだ。

そういえば、ラジオでは・・・
「女の正月は忙しい、15日あたりでやっと暇ができる。
男どもが動いて女性にゆっくりしてもらう日です」・・と
言っていた。 こりゃ拙い!

余計なことを言うんじゃなかった!

2014年1月14日 (火)

頭見て話題ふりかけ床屋さん

 歯科医院と理髪店に行った。

入念に歯を磨いて行った歯科医院、受付も歯科医師も
丁寧だが、事務的な処理だった。なんら不満はない。

続いて理髪店へ・・
今流行りのディスカウント床屋、この日は若いお兄さん
が1人でこのチェーン店でガンバっていた。

店には理髪中の年輩の客と待っている中年の
客1人がいた。

作業中のお兄さんと客との会話が自然に聞こえてくる。

まず気候 「この寒さがいつまで続くんですか?・・と
お兄さん、「今週いっぱいじゃないの」・・と客。

これがきっかけで会話が弾んで行く。

どうも年輩の客は何かの職人の親方らしい。

次々と客の話を引き出して行く。若い職人の話だ。
反論はしないで、相槌を打ちながら客にしゃべらせる。

次の客とは別の話題だった。何か地元の出来事らしい。

最後は私の番だ。

4月からの消費税論議になった。

店の名前に現在の価格が入っているので、消費税に
よる値上げはないと言う。それはありがたい・・と私。

次にヤクルトのバレンティン選手の暴行、逮捕のニュ
ースになった。私にはこのニュースは初耳。

このお兄さん、意識して話題を集め、整理して客に提
供しているのか、または経営者の教育によるものかは
わからない。でも見事な接客態度だった。

歯科医院もサービス機関、それも歯科医院供給過剰
の状態だ。もっと庶民的な下世話な話題に入って来て
もいいんじゃないの?・・と言いたい。

2014年1月13日 (月)

成人式老いた国への一里塚

 今日は成人式、当地は晴れてるけど風が冷たい。

車で近くへ出かけたが成人式の晴れ姿は見当たらず。

今年の新成人は121万人だとか、昭和45年の246万人
の半分を下回ったそうだ。

高齢化はますます進む!

一番、高齢化を実感するのは地方へ出かけた時だ。

県庁所在地の繁華街でも人通りが少ない。

ましてや、それ以外の市町村では歩いている人を見か
けない。道を聞きたくても住民を見かけないのだ。

ある地方都市へ行ったら、11月の夕方4時で駅前のア
ーケードが消灯していて真っ暗!

東京の一人勝ちだ。
これでは日本の均衡ある発展は望めない。

このトレンドがわかっていながら手を打って来なかった
のはなぜだ?

2014年1月12日 (日)

札幌で可憐な少女空に舞う

 高梨沙羅選手のジャンプは素晴らしかった!

普段、テレビを見ない私だけど、雪国育ちでもあり
昨夜に続きこの競技だけは見たかった。

17歳の少女が90mも飛ぶなんて信じられない。

あの小さな体で、並み居る強豪選手より10mも余計
に飛ぶ、どうした理屈なんだろう?

私は小中学校時代、雪国で育った。

雪の季節、体育はスキーだった。

近くにはスキー場もあり、ジャンプ台もあった。

よく競技大会を観に行ったが、確か飛距離が60m位
だったと思う。選手は高校生が多かった。

この程度でも台の下からは怖くて滑り降りられなかっ
た。せいぜい距離20mくらいの練習用台で遊んだ。

平和な時代は女性が強い!
大いに世界で羽ばたいてほしい。

男性もガンバレ!

2014年1月11日 (土)

いらいらが高じるほどにダダをこね

 1日留守にするとメールが溜まります。

今日はメールの区分けに追われました。

昨日の外出で200通近くのメールが溜まったからです。

昨年末に導入の新機Windows8.1には幾分慣れてきました。

インターネットにはスムースに接続、速さには満足してます。

周辺機器にも接続いて問題なし。

旧機からのメールアドレスの移行がまだ終わっていません。

明日も慣れない作業が続きそうです。
パソコンを楽しむまでには時間がかかりそうです。

任意の自動車保険の更新期があと数日に迫りました。

今回は、自動車保険契約書を発行しないことにしました。
契約内容は自分でアウトプットするわけです。

ITの進歩に寄る年波でついて行くのは大変です。

2014年1月10日 (金)

難聴で消化不良の会話する (えいいち)

 タイトルはきょうのM川柳会の自由吟で秀作となった句です。

会場では下5の「会話する」を「介護する」と聞いたはずでした
が、短冊を見たら「会話する」になっていました。

えいいちさん、お年頃から介護時代に入ったのかな?・・と思
い、どちらかが難聴なら介護も大変だなあ・・と同情しきり。

それが「会話する」だったので・・
この句は、中高年一般対象の句になりましたね。

程度の差はあっても高齢化で難聴者は増え、消化不良の会話
は珍しくなくなったから。少しくらいの消化不良は普通です。

「介護する」の方が、より深刻さが伝わる句になったでしょう。

でも、えいいちさんのご家庭は介護状態でなくてよかった!

句会の後は新年会でした。

貸し切り状態の居酒屋で3時間余りの宴会、初めて五七五組み
合わせゲームに挑戦、仲良く商品を分け貰い散会となりました。

2014年1月 9日 (木)

真夜中の目覚めで十句暇つぶし

 M川柳会の1月例会が明日に迫りました。

課題吟(お題「喜び」)、会員各1句は既に私の元に届いています。
まとめた一覧表(作者名なし)を明日配布し相互評価をします。

自由吟は会員各3句ずつ持ち寄り、課題吟の発表の後に選者が
秀作、佳作を選んで発表します。選者は指導者の先生です。

以上が通常の句会手順です。

しかし、明日は例会に加えて新年会があります。

新年会では川柳遊びのゲームをやるとか、もちろん私は初めて。

やり方は・・
各自、ゲーム用に自由吟2句を作って行く。

持ち寄った各句を上五、中七、下五に分解し混ぜ合わせて各人に
配る。1人あたり6ピースが配られますね。(五音4枚、七音2枚)

各人は配られた語句で川柳を作り発表する・・というゲームです。

相互評価で出来の良いから捨てる句まで選ぶ。

出来の良い順番から各自持ち寄った商品を選ぶそうです。

そんなわけで・・
今日は作り置きの句の中から、上記のために選句をしました。

毎晩、真夜中のオシッコで目覚めますね。その後眠れません。

この眠れない間にあれこれ句を作るのです。
または既存の自作句を修正します。平均すると毎晩10句かな。

そんなわけで準備が終わりました。商品も用意しました。
即興で他人の語彙を使ってまともな句ができるか、多少の不安も。
でも、シニアの言葉遊び、ボケ防止になるなら結果はどうでもよい。

楽しみです。

2014年1月 8日 (水)

狩りをする鋭い目つき見張り番

 飼い猫の「モモ」(名前と写真のイメージが合わないけ
ど)が台所で2匹目のネズミを捕らえました。

今まで何匹もネコを飼ったけど蛇を捕って家に持ち込ん
だネコはいたけど、肝心のネズミを捕ったのはモモだけ
です。
 

先日、初めて捕らえ、ホンの偶然かと思っていたけど
きょうの2匹目で、ホントにハンティングの本能が目覚
めたようです。
 

カミさんが聞いた話によると・・
近所のお宅にもネズミが出没しているとか・・。

いったいどこから入ったのかな?
それらしい穴が見当たらない!
今は君が頼りだ。がんばってネ。

気持ち悪い。

写真:ハンターの「モモ」、この場所を動きません。
    ジィ~と獲物が出てくるのを狙っているらしい。

Img_27071

2014年1月 7日 (火)

空晴れて下町情緒江戸の街

 西高東低で冬型のお天気、寒い! 

地域仲間は東京・目黒七福神巡りへ、夕方からは上野で新年会。 

私はこの寒さ、トイレが心配で参加せず直接新年会会場へ。  

集合時刻に余裕を見て東武電車の東京スカイツリー前駅で下車。

東京スカイツリーから 隅田公園 ⇒ 浅草寺 ⇒ 下谷神社 ⇒ 会場
まで歩きました。

青空にそびえるスカイツリー、浅草寺境内の雑踏、街で舞う獅子舞、
寄席前の列など正月風情は十分、夕方からは仲間20名で新年会、
会場は某大手企業の社員クラブ、楽しいひと時でした。


写真:(上から)
    言問橋西詰から見た東京スカイツリー
    浅草寺本堂前の雑踏
    新年会での獅子舞サービス

Img_27021

Img_2703

Img_27041

2014年1月 6日 (月)

かかりつけ医者の講義を主に聞き

 昼少し前にかかりつけ医に行きました。 

ほぼ月1回の定例受信日、患者で混み合っていると
思いきや待合室は支払をしている1人だけ。
 

こんな時は医師とじっくり話をするチャンスです。 

まず、昨年末に大学病院で受けたがんの検査結果を
報告、術後の主要マーカーの推移について意見を聞
きました。
 

ここからが先生の独壇場!
がんについてのうんちくが出るわ出るわ・・。
膀胱肥大と前立腺がんの境目の判断と処置が難しい
とか・・グラフで説明してくれました。

次に、26年度の国家予算についてです。
国家予算概算90兆円、その1/3にもあたる30兆円が
医療費が支払われる。
 

その大部分が老人医療費だ。先が短い老人に使われ
る。そのしわ寄せが福祉に及ぶ。もっと子供、現役世
代の役に立つように使うべきだ・・と、還暦前後の先生
のお言葉とは思えないことをおっしゃる。

更に、4月から料率が上げる消費税の医療界への影
響についてのお考えを述べられた。

まあ、このくらいにしておきましょう。
私にとって知らなかった医療界の情報・・も。
まるで1対1の講義を聴いているようでしたね。
 

診察はどうなったって?
私は講義を拝聴しながら、上着を脱ぎ、腕をまくり、先
生はしゃべりながら素早く血圧を測り、依頼された薬の
手配をアッという間にカルテに書き込みました。

暇つぶしのお相手になったかな?そんな気もします。

2014年1月 5日 (日)

ぬく飯に落として円か寒玉子 虚子

 
 タイトルは今朝の新聞に載っていた虚子の句です。

寒い!暦の上できょうは小寒ですね。

歳時記では「寒玉子(卵)」は冬の季語、この季節に生
んだものはことに滋養が多く、また産卵期であるので
値下がりもする・・とあります。

年中、いつでも玉子を食べられる現代人、季節感なん
て全く感じない。値段も物価の優等生とか・・。
 

そんなことを考えながら、朝食に玉子焼きをいただきま
した。私たち、いい時代に生きていますね。

Windows8.1を購入しましたので、現在のVistaをカミさ
んのXPの後継機として使うことに・・。
 

カミさん用のカスタマイズ作業は途中まで順調でしたが
インターネットとの接続でトラブル、どうしてもつながら
ない。すでに深夜、また明日だ、寝よう・・・と横になった。

もしかしてハード関係の接続不具合か?・・と寝ながら
考えました。確かめてみよう!
 

やっぱりLANケーブル途中の機器の電源が抜けていた。
日中の悪戦苦闘は何だったんだ!
 

以上、私の小寒日記です。

 

 

 

2014年1月 4日 (土)

眠気よりまだ居たいのかぐずる孫

 夕方、孫一家が帰りました。

明後日が仕事始め、明日は自宅でユックリした方
がいいかもネ。

きょうの日中、両親が買物で出かけても一人で遊
んでいました。「パパとママは仕事で出かけた」
といえば納得、保育園効果ですね。

車に乗る時はグズっていましたが、帰るのがイヤ
なのか、それとも眠っていたのを起こされたのか、
多分、両方なのでしょう。

家の中が片付いて、幼児の声が聞こえず急に静
寂が襲ってきました。寂しいけどまた会いましょう。

さあ、2014年の活動が
いよいよ始まりますよ!

Img_26991_2

2014年1月 3日 (金)

あどけない孫の笑顔に目じり下げ

 孫娘一家が帰省しています。

彼女は3歳、会うたびごとに成長しています。

ほぼ毎月会っていますが、それでも成長度
いがわかります。

しゃべる語彙が増えていますね。

灰色の世界に孔雀が舞い込んだようです。

余計な感想は止めて異世代間の交流を楽し
むことにしましょう。

Img_26941

2014年1月 2日 (木)

人柄が染みだすように年賀状

 いつもの年なら正月2日に年賀状の配達はなかったはずです。
ところが、昼にポストを覗いたら数枚、賀状が入っていたんです。
元日の2回目の配達分かも・・。

いただいた年賀状の整理、出してなかった方への作成などをし
ました。Web年賀状も利用させていただきました。

改めていただいた年賀状を拝見すると、書いた方のお人柄が染
み出している感じがします。

毎年、たった1行の手書きコメントに癒されますね。

私と同じ病気で、術後の経過が私の1歩先行く先輩がいます。
やがて私の治療方法も次は同じになるかも・・。
「同病相哀れむ」とか、病んで初めてわかる実感です。

かつての職場や取引関係で知り合った方々との賀状交換は少な
なくなりました。残った方々はホントに心が通い合う仲間です。

賀状の大部分は地域仲間、趣味仲間、サークル仲間、同級生な
どからです。上下なく皆平ら、相手のやっていることがわかるので
1行手書きも的を得ています。

親戚筋も高齢化で、亡くなる方々も多く年々疎遠になりがちです。

さて、困るのは・・
宛名の私の名前誤記が5枚ほど、それも何年にもわたって。
多分、あちらの名簿に誤登録されているのでしょう。

宛名誤記に合わせてハガキ裏が印刷分だけ、裏が半分空白
(多分手書用に空けてあるのでしょう)のままの賀状が・・。
お義理だけの賀状交換は止めましょう。でも毎年来るんです。

その他、表と裏が上下逆さまのものなど・・。

以上、今年の年賀状の感想です。
あからさまに言えないものは反面教師で自分も気をつける。
これは!・・と思った賀状は良い面を自分に取り込む。

でも、年々年賀状作りも辛くなりますなあ、ご同輩!



2014年1月 1日 (水)

来し方を忘れて拝む今年こそ

 2014年が明けました。

昨夜はテレビを点けず、自室に籠ってひたすらWin'8.1に挑戦!
聞こえて来るのは1.5Km離れた寺の除夜の鐘の音ばかり。

静かな大晦日、元日、こんな年末年始もいいですね。

午後3時過ぎに、さいたま市の関東12番札所慈恩寺へ初詣へ出
かけました。旧年の注連縄、破魔矢、お札を持って・・。

湧いて来るような人出、本堂に向かって善男善女が列を作ってい
ます。皆さん何を祈っているのでしょうか?

当方は健康で平穏な生活が続けばいい、こんな少ないお賽銭で
はムリは言えません。もちろん観音様からは何もご返事なし・・・。

この日は気温が高く風もなく初詣には絶好の日でした。
参詣者の服装も地味で、好景気感が伝わって来ない風景でした。
Img_26891

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本