2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 真夜中の目覚めで十句暇つぶし | トップページ | いらいらが高じるほどにダダをこね »

2014年1月10日 (金)

難聴で消化不良の会話する (えいいち)

 タイトルはきょうのM川柳会の自由吟で秀作となった句です。

会場では下5の「会話する」を「介護する」と聞いたはずでした
が、短冊を見たら「会話する」になっていました。

えいいちさん、お年頃から介護時代に入ったのかな?・・と思
い、どちらかが難聴なら介護も大変だなあ・・と同情しきり。

それが「会話する」だったので・・
この句は、中高年一般対象の句になりましたね。

程度の差はあっても高齢化で難聴者は増え、消化不良の会話
は珍しくなくなったから。少しくらいの消化不良は普通です。

「介護する」の方が、より深刻さが伝わる句になったでしょう。

でも、えいいちさんのご家庭は介護状態でなくてよかった!

句会の後は新年会でした。

貸し切り状態の居酒屋で3時間余りの宴会、初めて五七五組み
合わせゲームに挑戦、仲良く商品を分け貰い散会となりました。

« 真夜中の目覚めで十句暇つぶし | トップページ | いらいらが高じるほどにダダをこね »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 難聴で消化不良の会話する (えいいち):

« 真夜中の目覚めで十句暇つぶし | トップページ | いらいらが高じるほどにダダをこね »

無料ブログはココログ

お気に入りの本