2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 実を結ぶ竹馬の友の願いごと | トップページ | 夏は又冬がましじゃと言ひにけり (朝日新聞「天声人語」) »

2014年2月13日 (木)

年明けの窯で仕上げた逸品展

  鎌倉の谷戸奥の鎌倉其中窯、魯山人も焚いたこの窯を引き
継いだ河村喜史氏の作陶展が開かれます。
 

喜史氏のお父上の河村又二郎氏にはお世話になりました。
何回も鎌倉にお邪魔して下手な私の作品を手直ししていただき
ました。
登り窯の火入れはすっかり鎌倉の名物になったようです。

高さ42cmの「窯変線彫文 壺」などぜひご覧下さい。

「河村喜史作陶展」のご案内
●会期=平成26年2月19日(水)→25日(火)
●会場=横浜高島屋7階 美術画廊
           最終日は午後4時までです。

« 実を結ぶ竹馬の友の願いごと | トップページ | 夏は又冬がましじゃと言ひにけり (朝日新聞「天声人語」) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年明けの窯で仕上げた逸品展:

« 実を結ぶ竹馬の友の願いごと | トップページ | 夏は又冬がましじゃと言ひにけり (朝日新聞「天声人語」) »

無料ブログはココログ

お気に入りの本