2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 慣れた靴ものの見事に甦る | トップページ | 東京は別の顔してお出迎え »

2014年3月18日 (火)

しぶとさをこの廃帝に見る思い

  「禁城の虜<ラストエンペラー私生活秘聞>」(加藤康男著、
幻冬舎)を読み終わった。(「お気に入りの本」参照)

ドキュメンタリータッチで清朝最後の皇帝、溥儀の生涯が淡々
と描かれている。

あとがきにも書かれている・・
“3歳に満たない年で清朝最後の皇帝に就き、波瀾万丈、紆
余曲折の限 りをつくして20世紀を生き延びた。・・自分より権
力を持つ「長いもの」に巻かれ て生きた。”

確かに・・
辛亥革命による清朝崩壊、軍閥が跋扈して安定しない国内政
情、国民党の台頭、満州国の建国と崩壊、ソ連での抑留、中
国での戦犯生活などの「長いもの」に巻かれて生きて来た。

今、結果を知る者からすれば、節操がない人物と見えるかも知
れない。でも彼の生い立ちから推察されば、これも止むを得な
いことだったのかも・・。

「生き延びる」に手段を選ばないのはどこの国も国民も同じだ。
ただ、歴史の翻弄された溥儀が顕著な例だったのではないか
と思う。

清朝の安定期に生まれなかったのが不幸だった。

« 慣れた靴ものの見事に甦る | トップページ | 東京は別の顔してお出迎え »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しぶとさをこの廃帝に見る思い:

« 慣れた靴ものの見事に甦る | トップページ | 東京は別の顔してお出迎え »

無料ブログはココログ

お気に入りの本