2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« さあ握手ジィの顔見て引っ込める | トップページ | がんばった四半世紀の役終える »

2014年3月10日 (月)

この数値余命半ばの鈴の音か

 3ヵ月毎の定期検診で大学病院へ

まず採血をされる。いつもより採血者数が少ない気がした。
1時間後、診察を主治医から受けた。

「この数値、また上がっていますね。当病院では×××を超
えると再発している可能性があると判断します」

「では先生、私はどんな治療を受けたら良いのでしょうか?」

「今、3ヵ月毎の検査を1ヵ月後にしましょう。その数値で判断
 しましょう。治療はお薬を使います」

来月で術後2年になる。
術後しばらく落ち着いていた主要マーカーが数ヵ月後から増
えだした。それでも一般基準値よりはるかに低いんだけど・・。

確かに、出だしの数字がコンマ以下でも2倍ずつ増えていけ
ばすぐに大きな数字になる。
今日の数値を倍々していけば2年程度で危険範囲を大きく超
えてしまう。術後の余命5年以内は確実だ。

ある程度覚悟はしていたが現実は厳しい。

« さあ握手ジィの顔見て引っ込める | トップページ | がんばった四半世紀の役終える »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この数値余命半ばの鈴の音か:

« さあ握手ジィの顔見て引っ込める | トップページ | がんばった四半世紀の役終える »

無料ブログはココログ

お気に入りの本