2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« この数値余命半ばの鈴の音か | トップページ | 鷺一羽孤高を持して悠々と »

2014年3月11日 (火)

がんばった四半世紀の役終える

 玄関ドアを取り替えた。

家を新築して以来およそ四半世紀、わが家の玄関を守って来た。

3年前の東日本大震災で壁とドアに隙間ができ、更に鍵の不具合
など使い勝手が悪くなり消費税率アップ前に交換することにした。

交換作業は簡単だと思っていたがさにあらず職人さんのほぼ1日
仕事だった。若手で黙々と作業を進めていく。それに礼儀正しい。

わが日本の職人の世界も若手が育っているようだ。

写真(新ドア)

Img_28061_5

 

 

« この数値余命半ばの鈴の音か | トップページ | 鷺一羽孤高を持して悠々と »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばった四半世紀の役終える:

« この数値余命半ばの鈴の音か | トップページ | 鷺一羽孤高を持して悠々と »

無料ブログはココログ

お気に入りの本