2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 同期生五十五年で二割欠け | トップページ | 慣れた靴ものの見事に甦る »

2014年3月16日 (日)

春風が招く里へと渡来人

 素晴らしいお天気だった。

 

春風に乗ってカミさんと渡来人の里を訪ねた。
同じ県に住みながらめったに行かぬ地域だ。

JR八高線の高麗川駅で下車、高麗神社、聖天院、巾着田
を巡り西武秩父線の高麗駅まで、およそ3時間を歩いた。

 

首都圏のは思えぬ静けさ、青空に映える梅の花、大安の
この日、赤ちゃんを抱いたお宮参りの家族、河原で楽しむ
家族連れ・・など平穏な風景、日本の春は美しい!


Img_28171
写真上:高麗神社本殿(順番に参拝)

Img_28181
写真上:国重文の高麗家住宅(天保年間の築)

Img_28251
写真上:聖天院の高麗王廟

Img_28261
写真上:巾着田(青い地面にヒガンバナが咲く)

 

« 同期生五十五年で二割欠け | トップページ | 慣れた靴ものの見事に甦る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春風が招く里へと渡来人:

« 同期生五十五年で二割欠け | トップページ | 慣れた靴ものの見事に甦る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本