2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 一件はすぐに落着次進め | トップページ | 春風が招く里へと渡来人 »

2014年3月15日 (土)

同期生五十五年で二割欠け

  この春、地方の高校を卒業して55年経つ。
55年を区切りとして同期会を行う旨の案内状が届いた。

5月中旬に1泊2日の予定で開催地は母校の所在地・・とのこと。

初日は母校近くの寺院で物故者の法要、その後の地元の高原
ホテルに移動して親睦会と宿泊。

物故者は約2割、卒業式で同じスタートラインに立ってから55年
で約80名が人生マラソンから脱落したことになる。

2日目は登山、ゴルフ、高原の植物園散策、蕎麦打ち体験、乗馬
体験の行事で、それぞれ希望者を募って楽しむという。

何とか都合をつけて参加したいと思ってる。
空気良し、景色良し、友は良し、食い物良し、故郷すべて良しだ。

今日は快晴、青空が一面に広がった。
朝のウォーキングも快調!冬眠から覚めて3日目で1時間余りの
いつものコースに戻った。(写真:コース途中にある玄奘塔の梅)

Img_28151_2


 

« 一件はすぐに落着次進め | トップページ | 春風が招く里へと渡来人 »

親睦、懇親」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同期生五十五年で二割欠け:

« 一件はすぐに落着次進め | トップページ | 春風が招く里へと渡来人 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本