2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 禁断の症状が出る本の虫 | トップページ | 水仙に送られながら役を降り »

2014年4月 8日 (火)

なるほどね反日理由こんなもの

中国という蟻地獄に落ちた韓国」(鈴置高史著、日経BP社)を読んだ。

著者は韓国の対日姿勢の「反日」に「卑日」を加えている。

なぜ朴大統領が先頭に立って「反日・卑日」外交を展開しているのか?
これに応えて理由を示したのが本書だ。

理由は明瞭だ。韓国が「離米従中」の姿勢だからだ。
台頭著しい中国と米国の二股外交で、「離米従中」の色彩が強いから。
要は、貿易、金融で中国に首根っこを押さえられているから中国に逆ら
えないんだそうだ。中国が怖いんだね。

日韓で締結が予定されていた「軍事協定」を調印直前でキャンセル。
アメリカが進めている日米韓のMD(ミサイル防衛)計画を拒否している。
これらは中国から圧力を受けているからとのこと。
拒否理由が「日本の歴史認識が変わらないから」・・と言っているとか。
他人、他国のせいにするのはお手の物だ。

巻末の以下の文書が印象的だった。
“韓国沿岸での中国漁船による不法操業が拡がり、同胞(海洋警察官)
が殺されようと、韓国はいつも、まったく無害の標的に怒り続けている”

“同族で話合って分裂を解消することができない人たちだ。分裂が続くの
は周辺大国のせいだ。北は援助を、南は駐兵を当然のように要求する”






« 禁断の症状が出る本の虫 | トップページ | 水仙に送られながら役を降り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なるほどね反日理由こんなもの:

« 禁断の症状が出る本の虫 | トップページ | 水仙に送られながら役を降り »

無料ブログはココログ

お気に入りの本