2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 病院でするかしないか知らんぷり | トップページ | 春と秋どっちましじゃと思いけり »

2014年4月11日 (金)

あの二人夫婦(めおと)じゃないね宿の客

 M川柳会の4月例会の日だった。

集まった仲間は15名、それに指導講師に代わる臨時講師
を加えて16名で2時間半を楽しんだ。

宿題句は「本」、私の句は・・
  「ひたひたと夜のしじまが紙面這う」
会員の手持ち票45票中17票をいただいた。
講師のコメントは「もっと具体的に詠め」だった。
 

自由吟は本ブログのタイトルだ。
カミさんと温泉旅行に行った時、同宿の怪しい二人連れを詠
んだもの・・。
秀作の評価をいただいた。

句会が終わっての食事会で・・
「あんたの願望を詠んだんじゃないの?」・・と聞かれた。

「解釈はご自由にどうぞ」・・が私の答えだ。
カミさんと、あれこれ憶測して話していたことは事実だ。

写真:芝桜が綺麗な時季になった。
  Img_28901



« 病院でするかしないか知らんぷり | トップページ | 春と秋どっちましじゃと思いけり »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの二人夫婦(めおと)じゃないね宿の客:

« 病院でするかしないか知らんぷり | トップページ | 春と秋どっちましじゃと思いけり »

無料ブログはココログ

お気に入りの本