2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 歌い継ぐ心の歌に歴史あり | トップページ | 何事も起きずに暮れてブログ書く »

2014年5月15日 (木)

村八分遭ったか雀姿消え

  夕方の遊水地とその付近は鳥たちの鳴き声でかしましい。
鳥の種類を挙げたいのだが鳥に興味がないのでそれはムリ。
 

朝にはキジ、夕方にはアオサギが顔を出していた。(写真)

ところが雀の姿をほとんど見かけない。
きょうも遊水地付近で数羽を見かけただけだ。

いったい、雀たちはどこへ行ったのだろうか?

烏などに駆逐されたのか?

また、何らかの理由で人間社会との不適合が起こったのか?

自然界の微妙な変化を感じるこの頃だ。

そろそろ燕も来る頃だと思うが自分は未だ見かけていないね。

写真:上はキジ、下はアオサギ(少々距離あり)

  Img_2961
  Img_2982

« 歌い継ぐ心の歌に歴史あり | トップページ | 何事も起きずに暮れてブログ書く »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村八分遭ったか雀姿消え:

« 歌い継ぐ心の歌に歴史あり | トップページ | 何事も起きずに暮れてブログ書く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本