2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 何事も起きずに暮れてブログ書く | トップページ | 今日だけは老いが目立たぬ日曜日 »

2014年5月17日 (土)

僕の顔見つめて妻が大あくび 渡辺啓充

 タイトル句は「しあわせの五・七・五」(近藤勝重著、幻冬舎版)
(「お気に入りの本」参照)に載っていた一句。

本書は25項目の「生きる手がかり」を挙げ各々に代表句を挙げ
ている。
タイトル句は13項目「夫婦で居場所をシェアする」に載っている。

 “恐妻家、要するに奥さんに頭が上がらない亭主の姿に重ね
  て、奥さんや夫婦の日常をのぞかせる句のほうが笑えていい
  でしょうね」・・と、著者。

わが家では、あくびの他に・・
 「オレの顔見つめて妻が大笑い」と、言ったところかな。
頭にケガをしたとき、頭に貼った厚いガーゼを見てチョンマゲみ
たいと言って大笑いしたんだ。

続けてこんな句もある。
 「この妻は神が与えた試練かな 和泉雄幸」
そう思えばガマンができるということか・・!

いずれにしても、老いた男は妻に従うのが川柳の常道らしい。

写真:今朝も花がきれいだった。
   Img_29831_2








« 何事も起きずに暮れてブログ書く | トップページ | 今日だけは老いが目立たぬ日曜日 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の顔見つめて妻が大あくび 渡辺啓充:

« 何事も起きずに暮れてブログ書く | トップページ | 今日だけは老いが目立たぬ日曜日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本