2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 女房と相談して義理を欠き(古川柳) | トップページ | あっさりと過ぎていきそな年の臍 »

2014年6月29日 (日)

いっぱしに自己主張する三代目

  朝8時半過ぎに朝食を済ませたとき、ピンポーンとチャイムが
鳴なると、3歳になる孫娘が飛び込んで来た。

都下に住む娘と孫娘のご来宅だった。1ヵ月半ぶりの対面だ。
来宅予告は昨夜、カミさんに電話があったらしい。

この時から夕方まで、ジジババは孫の相手をさせられた。
おもちゃ遊び、お絵かき、歌、DVDの鑑賞、食事の相手などだ。

また一段としゃべるようになった孫娘。
座る場所、食べるものの頼みや選別などの自己主張もはっきり
言えるようになった。その成長には驚かされる。

思いっきり祖父母に甘え、部屋中におもちゃを散乱させて帰って
行った。

幼い子がいると疲れたけど楽しい1日だった。

写真:見えないけど、孫の両足はジジイの足を押えているんだ。
  

    Img_30581        




« 女房と相談して義理を欠き(古川柳) | トップページ | あっさりと過ぎていきそな年の臍 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いっぱしに自己主張する三代目:

« 女房と相談して義理を欠き(古川柳) | トップページ | あっさりと過ぎていきそな年の臍 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本