2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 説明が面倒ですか老いた医師 | トップページ | 攻めきれず切歯扼腕点取れず »

2014年6月19日 (木)

書き込みで読者の態度ほぼわかる

  常時、図書館に借りたい本を15冊ほど予約している。
人気本はなかなか回って来ない。

そんな状態の中で以外に早く回って来たのが次の本だ。

「自滅する中国 -なぜ世界帝国になれないのか-」
(THE RISE OF CHINA VS.THELOGIC OF STRATEGY)
著者はEdward N.Luttwak ワシントンにある大手シンクタンク、
戦略国際問題研究所の上級アドバイザーだ。

読んでみると中国の現状を戦略的に分析した意欲的な本だ。
豊富な資料を駆使して歴史的からも、現在の中国を取り巻く
各国との関係も冷静に分析している。いわば学術書に近い。

ところがこの本、鉛筆で傍線やチェックマークがいたる所に書
かれている。多分、前に借りた何者かがつけたのだろう。

読むうちに気づいたが、この書き込みは23頁で終わっている。

明らかに360頁にうち23頁だけ読んで返却しているのだ。
今、出回っている嫌中本の類と思ったかも知れない。
その意味では、日本語版のタイトル付けは成功したようだ。
-なぜ世界帝国になれないのか-に興味を引かれたと思う。

読むほどに、中国の対外政策について、こんな見方もあるの
か・・と思うことが多い。
もちろん、書き込みをするのはダメだが、その気力があれば、
もっと読んで欲しかったね。残念だ。
翻訳本も最初は戸惑うが、翻訳本に特徴的な言い回しを気に
せず読めば慣れてくるはず。私はまだ半分以上未読だけど。

写真:夜半の雨も上がり、晴れて気持ちのいい朝でした。 
    Img_30481      
 

« 説明が面倒ですか老いた医師 | トップページ | 攻めきれず切歯扼腕点取れず »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書き込みで読者の態度ほぼわかる:

« 説明が面倒ですか老いた医師 | トップページ | 攻めきれず切歯扼腕点取れず »

無料ブログはココログ

お気に入りの本