2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 電話では何かありそな話し裏 | トップページ | いっぱしに自己主張する三代目 »

2014年6月28日 (土)

女房と相談して義理を欠き(古川柳)

 明け方から夕方まで降ったり止んだりの空模様。

こんな日は、読書三昧がいいのだが通販で頼んだ本が届かない。
図書館に予約済みの数十冊の本もなかなか順番が回って来ない。

手元にあった「江戸川柳に見る家族の風景(復刻版)」(難波 久編、
山陽社)を改めて開いて見た。

これがなかなかおもしろい。

タイトルの句「女房と相談して義理を欠き」は時期的にもピッタリだ。
先日、手配した中元の手配は、まさにこの句の詠みにどうりだった。

 「女房の留守もなかなかおつなもの」
こ句は私の気持と同じだ。女房に言わせれば下の句になるかな?
 「亭主留守しばらくいない方がいい」

 「小便に起きて女房碁を叱り」 
今は碁でなく何だろうか? わが家では時間のズレが著しい。
 「これあんた雨戸開けるはちと早い」・・になるかな。
わが家の寝室は夫婦別室だ。それでも朝は、音を立てないように
気を使っているんだけどネ。

キリがないんでこのくらいで止めておく。

最後に・・
 「親の気になれとは無理な叱りよう」
この句も今の世にピッタリだ。今の子供らは親がカネを持っている
と思っているらしい。お向かいのお宅のお嬢さん、結婚して子供が
3人いるが毎週、里帰りしている。

日曜日に、どっさり食料品を車に積み込んでお帰りだ。
母親は買物に飛び回っている。費用は親持ちだそうだ。
カミさんと向かいの奥さんがいつも「今の子は・・」と話しているらしい。

« 電話では何かありそな話し裏 | トップページ | いっぱしに自己主張する三代目 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女房と相談して義理を欠き(古川柳):

« 電話では何かありそな話し裏 | トップページ | いっぱしに自己主張する三代目 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本