2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

大国の汚職はさすがケタ違い

  夕方は、ラジオでその日のニュースを聴くのが好きだ。
以下、ニュース報道から何項目か書き出してみた。

連日、新聞に報道されている元中国共産党No.9の周永康による
汚職金額は凄い! 1.5兆円に及ぶという。金額は氷山の一角とも・・。

習近平との権力闘争ともいわれるが、元々経済倫理性などない国だ
から、政治と利権は結びつく。いわゆる政商一体なわけだ。

中国も経済力NO.2の大国になったのだから・・
国連の分担金もアメリカに次いで世界第2位なんだろうね?
大国が果たすべき義務を果たしているかマスコミも伝えてほしい。

2013年度の平均寿命、男性は初めて80歳を超えたという。
男性80.21歳(+0.27歳)、女性86.61歳(+0.20歳)だという。

この歳で夫が大往生したとして、夫婦が同年齢だと妻が6年の独居、
妻が年下なら、夫婦の年齢差+6年分、妻が長生きすることになる。

寿命だから死は覚悟しているが、残された者へも配慮も先に死んでい
く者の務めだろうね。

もちろんジョークだが・・
プーチン、習近平、安倍晋三をマッチョトリオというんだそうだ。
いろいろ意味がありそうだが、「好戦的な男」ともいうべきかナ。

また、「マイルドヤンキー」について解説があった。
なるほど・・、いろいろ勉強になった。




2014年7月30日 (水)

生きがいは何かと問われ声詰まる

  「生きがいについて」(神谷美恵子コレクション、みすず書房版)を
一読した。(「お気に入りの本」参照)

座右の書にしている人が多いと聞いて内容を知りたくなったから・・。

結果は・・
どうも私の読解力では、悲しいかな論理的に整理できなかった。

裏表紙にある下記の文がすべてだと思う。
“神谷美恵子はつねに苦しむひと、悲しむひとのそばにあろうとした。
本書は、ひとが生きていくことへの深いいとおしみと、たゆみない思索
に 支えらえた、まさに生きた思想の結晶である。”

精神科医としてハンセン氏病患者との交流、精神医学、広い読書歴、
それにクリスチャンとしての宗教的バックボーンが著者の人間性を形造
ったと思う。

「生きがい」という言葉に該当する単語は欧米の言語にはないとのことだ。

「生きがい」を夢中になってやること・・と捉えたら、個々人がそれぞれに
考えることかも知れない。

モノや情報が溢れ、経済効率が追及される今の世の中、心の問題が置き
去りにされて来たようだ。

それに切羽詰った状況にならないと、人間は「どう生きる」かを真剣に考え
ないようだ。

支離滅裂な感想だが、いろいろ考えさせらた本だった。

2014年7月29日 (火)

白砂に立ってわが孫誰を待つ

 娘から孫の写真を送って来た。

今、家族3人で南紀・白浜海岸に滞在中、はしゃぎ回っているらしい。
 

昨年と同じホテルだという。

後2ヵ月で4歳、大きくなっても少しは記憶に残るかもネ。

事故に遭わないように気をつけて楽しんでいらっしゃい!

また元気な顔を見せてネ。


    2014072913020000

2014年7月28日 (月)

川柳が結ぶ縁(えにし)の中にいる

  去る6月13日、東京・W大学での川柳吟行会に参加した。

大学構内を学生が案内してくれた有意義な1日だった。

参加者は当日3句作句して持参(宿題「集まる」)、別に当日を詠んだ句を
後日に送るシステム(嘱目吟)だった。

この時の評価が送られて来た。

タイトルは当日持参した私の句(宿題「集まる」)だ。

この句が天、地、人で「天の句」に選ばれた。
川柳のご縁でこの1日、ご一緒にアカデミックな雰囲気に浸らせていただい
た気持ちをそのまま詠んだだけなのに・・。意外な気持ち・・。

評価基準が明確でない、選者によって選句が左右されるなど・・川柳の評価
には様々な意見があるが、自句が注目されたことを単純に喜びたい。

ちなみに・・
「人の句」は、「定年後たまに会うのは葬儀場   庄作」
「地の句」は、「名を成せば親戚面で寄って来る 良祐」

世の中は100人100様、さまざまだネ。自分は自分で行こう。



2014年7月27日 (日)

八回でドラマ仕上げたこの試合

  全国高校野球埼玉県大会の決勝日。
娘の母校、KK高校を応援するわが夫婦、TV前に待機して試合開始を待つ。

自分は、この日の東京での予定をキャンセルしてこの試合に備えた。

試合は、相手に先取点を取られたが、すぐ裏に同点に追いついた。

その後、相手は1点を加点、2-1でリードされたまま8回裏へ。j

ここでKK高校の打線爆発、結果は7-2で勝利、甲子園行きの切符を手にした。

ホントに野球は筋書きのないドラマだと思った。

鍛えられた少年たちが真夏のグラウンドで演じる総力戦!
参加156校、よくがんばった。彼らのこの努力、どうか将来の糧にしてほしい。

暑い夏に楽しみを与えてくれたKK高校、甲子園での善戦を祈っているよ。

2014年7月26日 (土)

冷房の部屋で手に汗準決勝

  昨日は、自室内の最高気度35度を写真で表示したが、今日はあっさりと
最高気温を更新してしまった。今、夕方の5時近くだが36度を示している。

暑いわけだ!外だったら37度は超しているだろう。
朝から30度を超していたようだ。散歩も暑くて辛かった。

高校野球は地元の次女の母校を応援している。
今日は県予選の準決勝、暑い盛りの1時過ぎに試合が始まった。
 

さすがにクーラーがないとこの暑さはガマンできない。
カミさんと2人、居間でクーラーをつけて、遅い昼食と冷たい飲み物を摂りな
がらの試合観戦。球児には申し訳ないが最高の気分だった。

試合は、相手に押されてながらも0-0で来た9回表に、地元の高校が3点を取
り、その裏を1点に抑えて3-1でに逃げ切った。ハラハラドキドキの連続だった。

明日は決勝戦だ。健闘を祈る。

2014年7月25日 (金)

誰もかも暑いですねとご挨拶

 今朝も5時半からカミさんと散歩。

しっとりと肌に貼り付くような湿気、蒸し暑い!
この気だるさが今日の暑さを予告していたようだ。

写真にあるように、3時過ぎにわが室内も35度になった。
この夏の室内最高気温だ。

思ったより湿度は低いが汗は絶え間なく吹き出す。

今年は未だ自室で空調機を使っていない。
扇風機が大活躍だが、このまま暑さが続けば扇風機も
近いうちに限界が来そうだ。

熱中症で倒れてもつまらないから・・ネ。


  Img_3125

2014年7月24日 (木)

暑ければ暑さに合わせそれなりに

 次女の母校が、全国高校野球地区予選でガンバっている。

今日は、その準々決勝戦だった。暑いのにご苦労なことだ。
4点リードの試合半ばで東京へ。

自分の高校クラス会(首都圏組)が東京・新橋であるからだ。

わずか数分の駅までで汗が吹き出した。
暑さは、先週の旧東海道歩きで慣れていたので苦にならない。

途中、傘を忘れたことに気づいた。

晴れて暑い、一瞬迷ったが取りに戻った。この判断が良かった。

東京メトロ銀座駅から新橋まで歩いた。
結構、歩行者も多い、外人観光客も目につく。
SL広場はイベントの真っ最中だった。

ビル地下の居酒屋で3時間、5人のクラスメイトと懇親した。
卒後55年経ってそれなりに老けた顔になったが皆元気だ。

終わって地上へ出たら、雷雨の真っ最中!
銀座の裏通りを銀座駅へ。傘を取りに戻って良かった。

銀座のホステスさんの出勤時、傘もなく濡れて歩いて来る。
せっかくのお化粧も台無しだ。今じゃご縁のない世界だけど・・。

銀座通りの商店は雨宿りの人でイッパイ!
いなびかりが凄い! 
東京・西部地区では川が溢れそうだったとか・・。

2014年7月23日 (水)

経営のプロもお手上げ危機管理

 ベネッセの個人情報モレがまた一段と深刻になった。

クレジットカードの情報も洩れていた・・との情報だ。

マックから移ったベネッセの社長には、情報管理のリスクには
お気付きではなかったようだ。

その意味では、「経営のプロ」とは言い難い。

直営だろうが、完全子会社だろうが、そのまた下請けの業者の
従業員など誰が情報を抜き取っても、責任はベネッセにある。

さて、どう立て直すか興味深々だ。

簡単に、個人情報を特定サイトに登録するのは止めよう!

2014年7月22日 (火)

発表の裏に何かがある気配

  韓国、沈没したセウォル号を有する清海鎮海運会社の実施的オーナー
ユ元会長の死体が見つかったという。警察は本人と断定したそうだ。

6月末に警察が発見し40日間も検察へ連絡していなかったと伝えている。

摩訶不思議な隣国のこと、何があっても可笑しくない。

果たして真実は警察の発表とおりだろうか? 私は疑わしいと思う。
以下、勝手に憶測させていただいた。

1. 死体はユ元会長本人だった場合。
    (1) 自殺  (2) 他殺 
      (1)の自殺は可能性が低いと思う。死体発見から発表まで日数
         がかかりすぎている。この間にいろいろ作為があったと思う。

自殺か他殺、どっちか?・・と聞かれれば・・
      (2)の他殺臭いネ。 
        彼に生きていられたら困る者が犯人か犯行指示者だろう。
          コネ、賄賂の世界だから疑わしき者はゴマンといるはずだ。

2.   死体が替え玉だった場合
    この場合もおおいに考えられる。こっちが真実かもネ。
    大金持ちの彼のこと、このくらいのことはやりかねないだろう。

今頃、どこかの豪邸で美女を膝にのせてほくそ笑んでいるかも知れない。

隣国の国民も、警察の発表をすべて信用しているのか疑わしいと思う。
    

2014年7月21日 (月)

皆さんの苦労を偲ぶ宿題句

 8月の川柳会が迫って来た。 

お題は「パズル」で、今日21日が締切日だった。

このお題は素人にとって難しい・・と感じた。

会員の句は、私の手元へ集まってくるのだが、
会員それぞれの苦労が滲んでいて興味深い。

句会後には暑気払いも予定されていて楽しみだ。

さあ! 私も何句か作ったけど、皆さんと比べて
出来はどうだろうか?

2014年7月20日 (日)

ねだられる孫指定するあの玩具

 昨夕、2泊3日の旅から帰った。 

溜まっていたメールが約600件、このチェックが意外に時間がかかる。
削除済みが多いが、時々必要メールが紛れ混んでいるので要注意だ。

旅の記録や費用計算も面倒だ。


そんな状況の中で・・
連休を利用して母親と里帰りしていた孫娘・・
「〇〇のおもちゃがほしい」・と、言いだした。ジィに初めてのおねだりだ。

車で5~6分の「トイザラス」へ行った。

会社員時代、米国へ何回も流通の視察旅行に行っていて、未だ日本に
進出前のトイザラスの店は見ている。

日本のトイザラスの店に入るのは今回が初めてだ。

売場面積や駐車場は断然、本家の方が広い。レジ周りも米国の方がス
ッキリしていて売上処理がし易い感じがした。あちらは国が広いからね。

天井まで積み上げた商品、以外にも日本製が多いようだ。
 

それにしても・・
おもちゃも高いね!万札も価値がなくなったか目減りも速い。

孫に会うのは嬉しいが、毎回、高価なおもちゃをねだられるのも辛いね。

昼頃、家へ帰って行った。また静かな日に戻った。寂しくなった。
世話をしたカミさんも疲れたようだ。お疲れ様。

2014年7月19日 (土)

東海道雨の島田は寂しげに

  旧東海道歩きも3日目、最終日だ。
府中宿から藤枝宿までは2011年1月6日に歩いているので、今日は電車で
JR静岡駅から藤枝駅へ行き、そこから島田宿まで歩くことにする。

天気予報は午前中は時々雨がパラパラ、午後は大雨との予想だ。

藤枝駅に着いたのが6時42分、ベンチでオニギリを食べて出発、時に7時。

駅前の大通りは閑散として人影なし。

5分ほどで旧東海道へ出た。左折する。
右折すれば藤枝宿の街並みだ。ここは宿場と駅が大分離れている所だ。

たまに車が通るだけの旧道は、昔の松並木の面影も多少残っていた。

出発から1時間で旧道は国道に吸収されて島田へ向かう。
この頃にはポツポツと雨になった。まだ傘は必要無さそうだ。

旧道は島田工業高校方面へ一旦分かれるが、また国道に合流する。

やがて島田駅方面へ国道を分かれて市街地へ入って行く。

まだ朝の9時前、延々とシャッターが下りた古びた商店街が続く。

ところが駅へ近づくと風景が一変、新しいホテル、カラフルな道路、今風な
店並みが続く。そんなモダンな中を歩くとJR島田駅に着いた。
2時間12分の旅だった。

記録を調べたら、2000年12月19日に島田駅から掛川まで歩いている。
この時の島田駅の駅舎は木造で古かったと記憶している。

旧態依然の東半分、モダンな街に変身した駅を中心とした西半分、対称は
鮮やかだった。昔を偲ぶ者にとっては、もちろん古い方がいいんだが・・・。

こうして、旧東海道歩きの未踏破区間は2014年7月19日現在、藤川宿~庄
野宿、土山宿~石部宿となった。
何とか機会と得て全線達成したいと思っている。


     Img_31201
      写真上 松並木の一部が残る旧街道
     Img_31231_2
   写真上 島田宿の標識、下の写真の通りにある
     Img_31241
        写真上 島田宿の旧東海道





2014年7月18日 (金)

もう起きろ小鳥さえずる旅の宿

   旧東海道歩きの2日目、窓の外で鳥が鳴いている。目覚まし代わりだ。
昨夜は、大浴場でのびのびと体を伸ばすことができた。グッスリ眠れた。

今日はここ吉原宿から府中宿(静岡市)まで歩くつもりだ。雨は心配なさそうだ。
途中、JR蒲原~JR興津間は電車利用だ。同区間はやはり13年前に歩いている
からだ。この時も途中の峠からは富士山は見えなかった。

無料サービスの朝食を済ませて7時に出発、製紙の街ともお別れだ。

立派な富士市役所前を通り2時間ほどで富士川橋を渡る。渡って向かいの坂へ。

ここから蒲原宿ヘは旧道らしい雰囲気の中を歩く。東名高速を2度、新幹線を1度
横切る。一里塚も一対で残っている。急坂を下ると蒲原宿に入る。歩行約3.5時間。

蒲原宿では「旧五十嵐歯科医院」を見学した。
1914年(大正3)の建築、町家を洋風に改築されたもので記念館としてボランティア
が説明に当たっていた。年輩ながらしっかりとした口調で説明を受けた。

JR蒲原駅まで歩きJR東海道線で興津駅へ向かう。

正午、いよいよ本日の後半、興津宿から府中(静岡市)へ向かう。
西園寺公望の別荘だった坐漁荘を左に見て清見寺へ。しばし静寂な気分に浸る。

淡々と江尻宿(静岡市清水区)へ向かってひたすら歩く。
この区間、「細井の松原跡」まで史跡の記述なし。興津駅から1.5時間歩くのみ。

30分ほどで江尻宿に着いた。わずか500mに満たない商店街が往年の宿場の中
心だったようだ。稚児橋を渡り府中へ向かう。もう朝から7時間も歩いているんだ。

ガイドブックを見ると、江尻宿~府中宿間は10.5kmとある。あと4時間弱だ。

旧東海道はJR東海道線を4回横切る。踏切が1回、地下道が3回だ。
鉄道と新道の開通で旧道はアチコチで分断され、その度に大回りさせられた。

何度か並行している静岡鉄道に乗れば・・との誘惑に駆られたが頑張った。
この区間は誘われても歩きたくない気持ちだ。この時はホントにそう思った。

17時半、静岡市葵区伝馬町のホテル着。10.5時間、なが~い1日が終わった。

      
     Img_31011
     写真上:岩渕の一里塚(東塚)西塚もある
     Img_31071
      写真上:蒲原宿 旧五十嵐歯科医院
     Img_31101
       写真上:興津宿 清見寺
     Img_31161
      写真上:線路で分断された旧東海道
           向かって右側に地下道がある
            (江尻宿~府中宿間)

 

2014年7月17日 (木)

旅はよし伊豆の国から駿河路へ

 JR三島駅東口を出たのは今日で2回目だ。西口へは度々来ている。

前回は2001年5月24日だから実に13年ぶりの三島宿訪問だ。
13年前は三島に前泊し、翌25日に三島から箱根を越えて箱根湯本
の三枚橋まで友人と歩いた。この時は10時間かかった。

今回は、旧東海道を西へ向かい、静岡県の未踏破部分を歩こうという
2泊3日の旅プランだ。
明日(18日)は吉原宿~府中宿(静岡市)まで(蒲原~興津は既歩行)
明後日(19日)は藤枝宿から島田宿までの予定だ。

計画通りに歩くと東京・日本橋~藤川宿(愛知県)まで踏破することになる。

7時半、JR三島駅出発、8時、三島大社で旅の安全を祈願してスタート。

お天気は晴れ、多分、今日の大敵は暑さだろう・・と思いつつ。
東海道は坂が少ないので所要時間は読み易い。沼津まで5.8kmとあるから
およそ2時間の歩きのはずだ。

三島大社を除いて、目立つ史跡などない道筋を行く。
20分も歩くと汗が吹き出してきた。

9時、八幡神社(頼朝と義経の対面したという)で休憩。対面石があった。

10時に沼津宿川廓通りを通過、予想通りの時間だ。ここだけが沼津市内で
旧道の雰囲気を残していた。
往年には近くに沼津城址があったはずだが、今は何もない。

さて、この先が長かった。沼津宿~原宿~吉原宿間は約18kmだ。

ほぼ直線の道が延々と続く、歩道はあるが狭い、見どころもない。

街道沿いに寺が散在するが殆ど禅宗の寺だ。どんな背景があるのかな?

汗がしたたり落ちる。冷たい飲料が自販機で買えるのがありがたい。

正午、原交番前を通過、交番横の神社で小休止と昼食。

吉原駅手前でJR東海道線の踏切を渡る。ヤレヤレだと思ったが・・
ここからホテルまでは更に1.5時間かかった。

左富士のポイントでも富士山は見えず、雲の向こうに山を思い浮かべる。

16時、ようようにホテル着、三島駅からの8.5時間の旅は終わった。

大浴場で汗を流した後のビールの味は、生涯忘れられないだろうと思う。

写真:上から三島大社、沼津宿川廓通り、某寺前にあった石碑、
    左富士のポイント(右の道が東海道京都方面、富士山は見えず)
    Img_30891

    Img_30941

    Img_30961

         Img_30991

 

 

2014年7月16日 (水)

清々し蓮に魅せられ三周り

 昨夜はカミさんが留守で、1人の自由な一夜を楽しんだ。

今朝もいつもどおり4時半に目が覚めた。

いつもより早く散歩へ。いつものコースより30分ほど余計に歩いた。

隣市の公共施設にある蓮池へ。

前に来た時は蓮のハの字もなかった水面、今朝は蓮の花が一面に・・。

早朝で清々しい!花を愛でながらつい池を3周してしまった。

その後、坂東十二番札所の寺へ、きょう1日の無事を祈願、更に農家
の露店で1品100円の野菜を買って帰宅。約11000歩だった。

時間やコースがずれると、出会う人やワンちゃんもいつもとは異なる。

新鮮な出会いにご挨拶、今日も暑くなりそうだ。

写真:公園の蓮池、5時なのにもう釣り人がいた。
    Img_30861_3        

 

2014年7月15日 (火)

小手先で止まらぬ流れ人が減る

  都下に住む共働きの娘一家がピンチ!・・でカミさんの出動となった。

ムコ殿も娘もフルタイム勤務、只今、ムコ殿は遠方へ出張中だ。


急に保育園児の孫娘(3歳)の身体に異変(ごく普通の病気)が起こった。

保育園からの引き取り、医院での受診などの対応がすぐに必要だ。

両親(娘夫婦)は仕事ですぐに動けない。・・まあ、よくあるアクシデントだ。

困った時はお互い様だから老いた親も動かざるを得ない。


それはそれとして・・

ニュースで少子化に伴う人口減、その対策などでフォーラムがあったとか、
女性の社会進出などで税制の見直し、管理職への登用を促す仕組み作り
とかがモロモロ議論されている。

実際に子育ての現場を見聞きしていると・・
共働きで1人の子供を育てるだけでも大変ことだ・・と、いつも実感する。

子供は2人が欲しい・・と言っていた娘も、それはムリだと思っているようだ。

孫が住む地域、一応は子育て支援の仕組みが整っているようだが・・。

でも、個々に動く急な変化に対応できる仕組みにはなっていないようだ。

急激な高齢化と少子化、総合的に地域ごとに支え合う仕組みができない
ものか?・・と思う。

共働きで、親も親戚も近くにいない、こんな夫婦も都会で多いはずだ。
仕事も続けたい、子供も欲しい・・、こんな夫婦を支援する血が通った社会
になっていないのが現実なんだネ。



2014年7月14日 (月)

街なかに暑さばかりが押しせまる

 朝の散歩から汗が滲み出る気温だった。

昼に車で出かけ、 街中を数十分歩いた。

人影もまばら、歩いている人もどこか元気ない。

帰宅すれば吹き出す汗、拭いても拭いても止まらない。

夕方は定期的な診察でかかりつけの医院へ。

患者は自分の前に1人だけ。すぐに順番が来た。

経営的には同情するが、自分にとってはチャンスだ。

いろいろな健康上の質問ができる。

医師も丁寧に答えてくれる。

きょうはがんについて、最新の研究状況を聞いた。

専門的なことは理解できなかったが勉強にはなった・・と思う。

暑さは悪い事ばかりじゃない。

門前薬局の若くない女性薬剤師さん、えらくスマートになっていた。
努力して7キロのダイエットに成功したという。

最大限のお褒め言葉で「若返ったネ」を伝えた。

帰り際のニッコリとした顔がまぶしかった。



 

2014年7月13日 (日)

機が熟す旅が呼んでる出かけねば

  まだまだ梅雨空が続くようだ。

でも、旅に出たい気持ちが押えられない。
月末から来月にかけて暑気払いなど予定がある。
出かけるなら今だ。

ポイントも溜まった。
2泊しても負担分が180円で済みそうだ。
100円単位の処理で端数が出るので仕方がない。

さっそく予約した。
17日(木曜日)から19日まで出かけることにした。

残った手配は交通関係だ。
JRは自由席利用だから問題ない。明日購入しよう。

どこへ行くかって?
それは現地からの報告までお待ちあれ。



2014年7月12日 (土)

悩んでる自分は自分 人は人

 現代人は大分人生に迷っているようだ。

「自分は自分 人は人」(和田秀樹著、新講社版、「お気に入りの本」参照)
を読んだ。表紙には副題で『争わない「生き方」』とある。

図書館で借りたのだが、なんと!私の後に70名以上の予約が入っている。

内容は、その1 『いつでも「現在進行形の人」でいよう』から
      その11『「じっくり話し合う」姿勢を貫こう』まで、
11項目の生活習慣の改善を薦めている。

当たり前だけど・・
即座に「自分は自分 人は人」の境地にしてくれる内容ではない。

1つだけでも、改善されたら世の中の争いの半分はなくなるかもネ。

いかに迷える羊が多いかだネ。(自分もそうだが)

それに、表題の付け方が素晴らしい!
売れる本には、こういう題名をつけなきゃ・・という見本だと思う。

さて、今から自分は何をどう改善しようか?
「その8」からがいいかナ、どんな内容かって?
それはこの本をご自分でご覧下さい。

2014年7月11日 (金)

居眠りに歯医者の椅子が丁度いい

  台風一過(・と言っても影響は殆どなかったけど)のこの日、
朝から夏空は晴れ上がった。

そして暑くなった。フェーン現象というのかな。
今は16時30分、この時刻で室内で33.5度、湿度は55%だ。

余程の気温でないとわが家では空調機は使わない。
今日はその「余程の気温」には当たらないとの判断だった。

さて、この日は月に1度の歯科通いの日。

空調が効いている診察室は心地よい。
椅子を倒してユックリできれば、治療なんかしなくてもいい
んだけど、どうせ歯の掃除だけだから1時間くらい昼寝させ
てくれないかな。

そうは問屋は卸さなかった。涼しさはわずか数十分でお終い。
再び猛暑の街中へ放り出された。








2014年7月10日 (木)

蛇抜けは名前を変えて繰り返す

  台風8号の影響で発生した土砂災害で犠牲者がでた。

犠牲者は、9日に長野県南木曽町で起こった土石流による中学生だ。

私は、2000年8月に旧中山道歩きでここを通った。その後2回ほど訪れ
ている。ここはかつての三留野宿で、街並み保存の妻籠宿の1つ江戸
側の手前にある。木曽川と山に挟まれた斜面に国道、中央線が走り、
住宅が立ち並んでいる。

歩いた当時の資料と旅日記を読んでみた。それによると・・。

「この付近、小梨沢から蛇坂沢にかけて、たびたび蛇抜けに襲われた
地域で、その爪跡が今も各所に見受けられる」・・とある。

蛇抜けとは土石流のことだ。
水が少なく、岩石がむき出しの急な川、ひとたび豪雨があればひとたま
りもあるまい・・と、自分の旅日記に書いてある。

蛇抜けはなにもここだけのものじゃない。山間では常に起こり得ることだ。
災害で宿場ごと別の場所に移転した例もある。

まさに歴史は繰り返すだ。亡くなった少年の冥福を祈りたい。
山間地に住む方々の宿命にはしたくない。

2014年7月 9日 (水)

キャプテンとエースを欠いてでっか負け

 朝、目が覚めてニュースを見たらブラジルが負けていた。

W杯サッカー準決勝、対ドイツ戦だった。
 

それも1-7の大差で!

エースのネイマールをケガで、キャプテンのチアゴシュウバ
を出場停止処分で欠いていたにしても、案外脆いもんだね。

それにしても、夕刊一面が殆どがブラジル惨敗情報一色だ。
中2面の全面記事と合わせて3面とは凄い!

まるで、第3次世界大戦が始まったような有様だ。
 

台風8号報道はほんの僅か、こっちの方が切実だと思うけど。

以上は、サッカーにあまり興味がない者のタワゴトかもネ。

2014年7月 8日 (火)

ゴミ出し日捨てに行かねば捨てられる(「大晩年」)

 「大晩年」(永六輔著、中央公論新社版)を読んでいる。

「転ばぬ先のチエ」の章に「転倒防止の5ヵ条」が載っている。

高齢者には参考になるので転用させていただいた。

1. こまめに身体を動かす。
   タイトルの川柳も「ゴミ出し」などは男がやれ・・と言うこと。
 

2. 日光を浴びて散歩しよう。
   ビタミンDは皮膚で作られる。

3. 無理なくエクササイズを続けよう。
     長く続けないと効果はない。継続は力なり。

4. 足の裏の感性を磨こう。
    足指をしっかり使う。

5. こまめに水を飲もう。
  「年寄りに冷や水」

自分ではどうかと言うと・・
1~3は自己流でやっていると思う。

4はこの時期、家にいる時は靴下を履かない。
床のゴミ拾い、引き出しを閉めるのも足でやっている。
もっとも屈むのが面倒なだけの理由だけど・・。

5はいつもペットボトルを身近に置いて飲んでいる。

理屈ばかりでやらなきゃ困るのは自分だからね。

2014年7月 7日 (月)

思い込み捨てていただく杏です

  特大な台風が近づいているようだ。
大きな被害が出ないよう祈っているよ。

天候不順で出かける予定が組めないでいる。
しばらくのガマンかな・・と思っているけど。
 

信州の実家からアンズ(杏)を送って来た。

アンズは漬けたものやドライフルーツとしては食べた
が生で食べた記憶がない。それに大きさは南高梅程
度だと思っていた。

ところが思い込みとは違って大きい。(写真)

それに甘くて美味しい。

品種改良が進んだのか、こちらの無知だったのか、
いずれにしても美味しくいただいた。
 Img_30751       

2014年7月 6日 (日)

反日もまとめてみればこんなもの

「韓国人知日派の言い分」(宇田川敬介著、飛鳥新社版)を読んだ。

全6章のうち、表紙の「知日派の言い分」は第6章に書かれている。
1章から5章は、日本人の筆による日韓関係論だ。

本書で理解したのは「反日」とはどういうことか?・・いうことだった。

曰く・・
“「条件付き独立」と「事大主義」の国家が、中途半端な独立と民主化
  を経て「国際社会の特権階級意識」を持ち、うまくいかなくなると
「被害妄想」を発動し、国内の政治経済の矛盾から目をそらすため
「ナショナルリズム」に走るのが、反日の「正体」である。」”・・と。

本質がわかれば対応もし易い。日本は冷静な対応をすればよい。
いろいろな見方を示している本のうちの一冊だ。

写真:今朝は久し振りに晴れました。広さ7.5haの調節池です。
    Img_3073     

2014年7月 5日 (土)

やって来る本3冊がいっぺんに

 ここ1週間ばかり手元に読みたい本がなかった。

本がないと、やはり寂しい。
自分もブック中毒だったことを痛感させられた。
症状は軽いと思うけど・・。

通販で頼んだ新刊本1冊、図書館から2冊が届いた。

図書館の本には健康に関する本が1冊入っている。

A4版で表紙に「××が即治るNo.1療法」とある。
貸し出しの女性担当者、気をきかせて裏返しで渡して
くれた。誰でもある症状、そんな心遣いは不要なのに。
でも、嬉しかった。

この3冊で10日は持つかな? いや1週間かもネ。



2014年7月 4日 (金)

色あせた手紙涙の母がいる

  7月M川柳会に参加、大雨予想が前線がズレて小雨ですんだ。

お題は「涙」だった。

互選で、91歳で逝った母親の七回忌に詠んだタイトル句が一番の
得票をいただいた。

「だいぶ親に心配をかけたんじゃないの?」・・と参加者の意見もあ
ったが、高度成長期でもあり、今思えば真面目そのものだった。

一旦、発表すれば解釈は自由だから、どう思われようと構わない。
受け方も様々、10人10色だ。

だからオモシロイ!

続きを読む "色あせた手紙涙の母がいる" »

2014年7月 3日 (木)

ワンちゃん留守でグラジオラスが咲き

 今朝も5時半に散歩に出かけた。

家に帰り着く150m手前にコタロウのいるAさん宅がある。

コタロウは柴犬で、いつも塀から乗り出してわが夫婦を迎
えてくれる。

いつの間にかコタロウにおやつをやるのが日課になった。

今朝はコタロウはいなかった。
暑くなったのでもう散歩に出たようだ。

代わりに、コタロウの隣の庭にグラジオラスが咲いていた。
それをパチリ!・・が下の写真。

夕方、コタロウの飼い主の奥さんがわが家に寄ってくれた。
もちろん、コタロウも一緒、畑で採れたジャガイモをいただ
いた。

明朝にまた会おうね、でも雨らしいから会えないかも・・。

     Img_30721

2014年7月 2日 (水)

今風のこれが青春プリンパン

   地元のフードを紹介している冊子にパン屋さんが載っている。
店名は「まつば」という。

店の看板商品が「プリンパン」、シンプルなプリンを作って冷やし、
パン生地の中に詰めてオーブンで焼き上げる。もう一度冷まして、
ほどよい甘さの生クリームを注入すれば完成・・とある。

こ冊子を見て食べたくなった。

電車に乗れば次の駅のすぐ近くだが、歩いて行くことにした。
往復1時間20分、約1万歩、汗ビッショリなって持ち帰った。

確かに旨い。プリンと生クリーム、それにふわふわパンが口の中
で微妙に混じり合って絶妙な三重奏を奏でる。お勧め商品だ。

近くの県立K高校(男子進学校)に配達して40年とか・・。
生徒にとっては「青春の味」だという。

「質実剛健」をモットーとするこの高校、パンを見れば一見、質実
剛健だが、味は男女共学校のそれじゃないかな。

優しい甘さ、これは女性の味だと思うから。

2014年7月 1日 (火)

お気の毒負けて帰るも命がけ

 Wカップ決勝トーナメント、8強も揃いだした。

負けた国の選手たちも帰国の途についているようだ。

今朝のテレビによると・・
日本選手の帰国を報じていた。

空港では、1勝もしなかった選手団を暖かく迎えていた。

一方、韓国では・・
選手たちは、罵倒に耐えていた。一般人に飴を投げつ
けられている様子を映していた。

飴を投げつけるのは相当に大きな侮辱だそうだ。

勝負には勝ち負けはつきもの・・と言いたいネ。
選手も負けるつもりで負けたわけではあるまい。

捲土重来を期して、また努力すればいいんだ。

たかが、サッカーじゃないかネ。

同じような顔をしているが、敗者に対する姿勢にも大きな
差があるようだ。もっとも韓国だけではなさそうだけど・・。

W杯出場の韓国選手の選定に問題があった・・と現地の
メディアは伝えていると言う。

終わってから、いろいろほじくりだして弾劾するのは悪い
クセだね。任期切れ大統領の弾劾も見ても同じだ。

写真:梅雨の晴れ間、朝には花が輝いていました。
   Img_30691      

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本