2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« やって来る本3冊がいっぺんに | トップページ | 思い込み捨てていただく杏です »

2014年7月 6日 (日)

反日もまとめてみればこんなもの

「韓国人知日派の言い分」(宇田川敬介著、飛鳥新社版)を読んだ。

全6章のうち、表紙の「知日派の言い分」は第6章に書かれている。
1章から5章は、日本人の筆による日韓関係論だ。

本書で理解したのは「反日」とはどういうことか?・・いうことだった。

曰く・・
“「条件付き独立」と「事大主義」の国家が、中途半端な独立と民主化
  を経て「国際社会の特権階級意識」を持ち、うまくいかなくなると
「被害妄想」を発動し、国内の政治経済の矛盾から目をそらすため
「ナショナルリズム」に走るのが、反日の「正体」である。」”・・と。

本質がわかれば対応もし易い。日本は冷静な対応をすればよい。
いろいろな見方を示している本のうちの一冊だ。

写真:今朝は久し振りに晴れました。広さ7.5haの調節池です。
    Img_3073     

« やって来る本3冊がいっぺんに | トップページ | 思い込み捨てていただく杏です »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反日もまとめてみればこんなもの:

« やって来る本3冊がいっぺんに | トップページ | 思い込み捨てていただく杏です »

無料ブログはココログ

お気に入りの本