2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 旅はよし伊豆の国から駿河路へ | トップページ | 東海道雨の島田は寂しげに »

2014年7月18日 (金)

もう起きろ小鳥さえずる旅の宿

   旧東海道歩きの2日目、窓の外で鳥が鳴いている。目覚まし代わりだ。
昨夜は、大浴場でのびのびと体を伸ばすことができた。グッスリ眠れた。

今日はここ吉原宿から府中宿(静岡市)まで歩くつもりだ。雨は心配なさそうだ。
途中、JR蒲原~JR興津間は電車利用だ。同区間はやはり13年前に歩いている
からだ。この時も途中の峠からは富士山は見えなかった。

無料サービスの朝食を済ませて7時に出発、製紙の街ともお別れだ。

立派な富士市役所前を通り2時間ほどで富士川橋を渡る。渡って向かいの坂へ。

ここから蒲原宿ヘは旧道らしい雰囲気の中を歩く。東名高速を2度、新幹線を1度
横切る。一里塚も一対で残っている。急坂を下ると蒲原宿に入る。歩行約3.5時間。

蒲原宿では「旧五十嵐歯科医院」を見学した。
1914年(大正3)の建築、町家を洋風に改築されたもので記念館としてボランティア
が説明に当たっていた。年輩ながらしっかりとした口調で説明を受けた。

JR蒲原駅まで歩きJR東海道線で興津駅へ向かう。

正午、いよいよ本日の後半、興津宿から府中(静岡市)へ向かう。
西園寺公望の別荘だった坐漁荘を左に見て清見寺へ。しばし静寂な気分に浸る。

淡々と江尻宿(静岡市清水区)へ向かってひたすら歩く。
この区間、「細井の松原跡」まで史跡の記述なし。興津駅から1.5時間歩くのみ。

30分ほどで江尻宿に着いた。わずか500mに満たない商店街が往年の宿場の中
心だったようだ。稚児橋を渡り府中へ向かう。もう朝から7時間も歩いているんだ。

ガイドブックを見ると、江尻宿~府中宿間は10.5kmとある。あと4時間弱だ。

旧東海道はJR東海道線を4回横切る。踏切が1回、地下道が3回だ。
鉄道と新道の開通で旧道はアチコチで分断され、その度に大回りさせられた。

何度か並行している静岡鉄道に乗れば・・との誘惑に駆られたが頑張った。
この区間は誘われても歩きたくない気持ちだ。この時はホントにそう思った。

17時半、静岡市葵区伝馬町のホテル着。10.5時間、なが~い1日が終わった。

      
     Img_31011
     写真上:岩渕の一里塚(東塚)西塚もある
     Img_31071
      写真上:蒲原宿 旧五十嵐歯科医院
     Img_31101
       写真上:興津宿 清見寺
     Img_31161
      写真上:線路で分断された旧東海道
           向かって右側に地下道がある
            (江尻宿~府中宿間)

 

« 旅はよし伊豆の国から駿河路へ | トップページ | 東海道雨の島田は寂しげに »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう起きろ小鳥さえずる旅の宿:

« 旅はよし伊豆の国から駿河路へ | トップページ | 東海道雨の島田は寂しげに »

無料ブログはココログ

お気に入りの本