2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 皆さんの苦労を偲ぶ宿題句 | トップページ | 経営のプロもお手上げ危機管理 »

2014年7月22日 (火)

発表の裏に何かがある気配

  韓国、沈没したセウォル号を有する清海鎮海運会社の実施的オーナー
ユ元会長の死体が見つかったという。警察は本人と断定したそうだ。

6月末に警察が発見し40日間も検察へ連絡していなかったと伝えている。

摩訶不思議な隣国のこと、何があっても可笑しくない。

果たして真実は警察の発表とおりだろうか? 私は疑わしいと思う。
以下、勝手に憶測させていただいた。

1. 死体はユ元会長本人だった場合。
    (1) 自殺  (2) 他殺 
      (1)の自殺は可能性が低いと思う。死体発見から発表まで日数
         がかかりすぎている。この間にいろいろ作為があったと思う。

自殺か他殺、どっちか?・・と聞かれれば・・
      (2)の他殺臭いネ。 
        彼に生きていられたら困る者が犯人か犯行指示者だろう。
          コネ、賄賂の世界だから疑わしき者はゴマンといるはずだ。

2.   死体が替え玉だった場合
    この場合もおおいに考えられる。こっちが真実かもネ。
    大金持ちの彼のこと、このくらいのことはやりかねないだろう。

今頃、どこかの豪邸で美女を膝にのせてほくそ笑んでいるかも知れない。

隣国の国民も、警察の発表をすべて信用しているのか疑わしいと思う。
    

« 皆さんの苦労を偲ぶ宿題句 | トップページ | 経営のプロもお手上げ危機管理 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発表の裏に何かがある気配:

« 皆さんの苦労を偲ぶ宿題句 | トップページ | 経営のプロもお手上げ危機管理 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本