2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 清々し蓮に魅せられ三周り | トップページ | もう起きろ小鳥さえずる旅の宿 »

2014年7月17日 (木)

旅はよし伊豆の国から駿河路へ

 JR三島駅東口を出たのは今日で2回目だ。西口へは度々来ている。

前回は2001年5月24日だから実に13年ぶりの三島宿訪問だ。
13年前は三島に前泊し、翌25日に三島から箱根を越えて箱根湯本
の三枚橋まで友人と歩いた。この時は10時間かかった。

今回は、旧東海道を西へ向かい、静岡県の未踏破部分を歩こうという
2泊3日の旅プランだ。
明日(18日)は吉原宿~府中宿(静岡市)まで(蒲原~興津は既歩行)
明後日(19日)は藤枝宿から島田宿までの予定だ。

計画通りに歩くと東京・日本橋~藤川宿(愛知県)まで踏破することになる。

7時半、JR三島駅出発、8時、三島大社で旅の安全を祈願してスタート。

お天気は晴れ、多分、今日の大敵は暑さだろう・・と思いつつ。
東海道は坂が少ないので所要時間は読み易い。沼津まで5.8kmとあるから
およそ2時間の歩きのはずだ。

三島大社を除いて、目立つ史跡などない道筋を行く。
20分も歩くと汗が吹き出してきた。

9時、八幡神社(頼朝と義経の対面したという)で休憩。対面石があった。

10時に沼津宿川廓通りを通過、予想通りの時間だ。ここだけが沼津市内で
旧道の雰囲気を残していた。
往年には近くに沼津城址があったはずだが、今は何もない。

さて、この先が長かった。沼津宿~原宿~吉原宿間は約18kmだ。

ほぼ直線の道が延々と続く、歩道はあるが狭い、見どころもない。

街道沿いに寺が散在するが殆ど禅宗の寺だ。どんな背景があるのかな?

汗がしたたり落ちる。冷たい飲料が自販機で買えるのがありがたい。

正午、原交番前を通過、交番横の神社で小休止と昼食。

吉原駅手前でJR東海道線の踏切を渡る。ヤレヤレだと思ったが・・
ここからホテルまでは更に1.5時間かかった。

左富士のポイントでも富士山は見えず、雲の向こうに山を思い浮かべる。

16時、ようようにホテル着、三島駅からの8.5時間の旅は終わった。

大浴場で汗を流した後のビールの味は、生涯忘れられないだろうと思う。

写真:上から三島大社、沼津宿川廓通り、某寺前にあった石碑、
    左富士のポイント(右の道が東海道京都方面、富士山は見えず)
    Img_30891

    Img_30941

    Img_30961

         Img_30991

 

 

« 清々し蓮に魅せられ三周り | トップページ | もう起きろ小鳥さえずる旅の宿 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅はよし伊豆の国から駿河路へ:

« 清々し蓮に魅せられ三周り | トップページ | もう起きろ小鳥さえずる旅の宿 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本