2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« もう5時だ締め切り迫るブログネタ | トップページ | 空に竜大蛇とナマズ地に潜む »

2014年8月31日 (日)

読んでみた目からウロコのアグリ本

  数ヵ月待ってやっと手元に本が届いた。(「お気に入りの本」参照)
題名は『日本の農業を破壊したのは誰だ 「農業立国」に舵を切れ

かつて2ヵ所ほど、地方で農産品振興プロジェクトチームに参加したことがある。

特産品の販売振興策、生産からの販売までの流通合理化が課題だったので農業
が抱える包括的な問題(農政、コメ、農協、減反など)を理解する機会がなかった。

本書はまさに目からウロコの思いで読み終わった。

著者はいう。・・“原子力村”と同様、“農業村”も存在する・・。・・と。

読んでまず感じたのは・・
農水省、農協などが発表する記事には必ず裏があるということだ。

特に農協の動きはまったく消費者を欺いて来たし、今でも欺き続けている。

TPPについても然りだ。

終わりに、~農業の戦後は終わっていない~・・と著者は断定している。
内容を読めば納得するはずだ。





« もう5時だ締め切り迫るブログネタ | トップページ | 空に竜大蛇とナマズ地に潜む »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読んでみた目からウロコのアグリ本:

« もう5時だ締め切り迫るブログネタ | トップページ | 空に竜大蛇とナマズ地に潜む »

無料ブログはココログ

お気に入りの本