2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 大国の汚職はさすがケタ違い | トップページ | 遺伝子は8月生まれ夏嫌い »

2014年8月 1日 (金)

五里霧中人生パズルまだ解けぬ

 今日から8月、今日も暑かった。

毎月の第一金曜日は川柳会の定例句会、参加者15名。
終わって昼食会を兼ねた暑気払いだった。

指導者の江畑哲男先生、今日はカラフルな服装で登場。
一段と快活! 相変わらずサービス精神は旺盛だ。

さて、タイトルは互選で沢山の票をいただいた私の句。
お題は「パズル」だった。

知らなかったけど、川柳では「四字熟語を使わない方が良い」
という不文律があるという。

江畑先生、講評で曰く「この程度なら問題ない」、1つ勉強だ。

自由吟では、自作「良い方をとったふりして争わず」が秀作に。

「他人は他人、自分は自分」の基本姿勢から考えた。

暑気払いは酒が入ってにぎやかに・・。

3チームに分かれて虫食い川柳の穴埋めを争った。

わがAチームが勝利、古川柳、〇〇大家の句を読んでおいた
のが効いたらしい。

そういえば・・
シニア定番の孫、病気、墓などが話題に出ない親睦会も珍しい。

« 大国の汚職はさすがケタ違い | トップページ | 遺伝子は8月生まれ夏嫌い »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五里霧中人生パズルまだ解けぬ:

« 大国の汚職はさすがケタ違い | トップページ | 遺伝子は8月生まれ夏嫌い »

無料ブログはココログ

お気に入りの本