2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 信濃から生きてく糧が届く頃 | トップページ | 取り引きの常識破る請求書 »

2014年11月13日 (木)

朝ごとに顔出し惜しむ陽の光

   11月も中旬、今年もあと1ヵ月半を残すのみ。
散歩に出る度に日の出が遅くなっていくのを実感する。

ここ数日、重苦しいお天気が続いていたが今朝は晴れるという。
散歩、今朝もいつもの時刻に家を出たがまだ夜明け前だった。

歩くほどに舞台が変わる。ほんの数分で舞台が変わる。
(下の写真の順に)

遊水地に立ち込めた霧
太陽が顔を出した。
高く伸びた皇帝ダリアが太陽にご挨拶

気温も低く心が引き締まる朝だった。

  Img_32601

   Img_32621

    Img_32631




« 信濃から生きてく糧が届く頃 | トップページ | 取り引きの常識破る請求書 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ごとに顔出し惜しむ陽の光:

« 信濃から生きてく糧が届く頃 | トップページ | 取り引きの常識破る請求書 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本