2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 余韻あるうちに句会の後始末 | トップページ | 朝散歩何か寂しい休刊日 »

2014年11月 9日 (日)

諸行無常空気が読めぬ反日教

 やはりお隣の国は小中華だと思わざるを得ない。

シンシアリーのブログ」を読む限りそんな気がする。
日中の首脳会談のニュースに大人さんのトップがイライラしているそうだ。

このシンシアリーのブログに載っている某大学教授のコメントがおもしろい。
以下引用すると・・


韓日首脳会談の条件に変わりはないという立場だが、信じていた中国の変化に、内心はイライラしている。朴槿恵大統領としては、宿題がまた一つ増えた。
(注:韓日首脳会談の条件とは「慰安婦問題」)

・「歴史的に危険が発生するたびに、韓中両国は、苦難を克服しました」(今年7月)と話すなど、習近平主席はこれまで日本の過去の蛮行に強硬な立場を見せ、韓中の協力を強調しながら、朴槿恵大統領の対日基調の力になりました。

・しかし、予想外の中国と日本の首脳会談のニュースに、(韓国政府は)困惑し、追い込まれました。中日首脳会談を契機に、韓国だけが対話の扉を閉じていると、日本が圧迫する可能性があるからです。

報道にはその対処策として韓国外大法学専門大学院の教授のインタビューが載っていますが、その内容が・・

「韓日関係の積極的な改善の努力も検討しながら、同時に対中・対米関係で、私たちの身の価格(※価値のこと)を高める努力が必要です」

「完璧ないい子になれば万事解決」に聞こえますが・・それができるなら誰も心配しないでしょう。”

日中首脳会談について中国から韓国へ予め連絡があったのかな?
もっとお隣さんは大中華のしたたかな外交を見習うべきだと思うのだが・・
大国に言われて仕方なく納得したのか、それもと無連絡でナメられたのかネ。

いずれにしても隣国同士、小さな喧嘩をしてでも前向きに進めらないものか?
半世紀以上前の遺恨は胸に収めてとりあえず首脳間で話をしたらどうですか?

« 余韻あるうちに句会の後始末 | トップページ | 朝散歩何か寂しい休刊日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諸行無常空気が読めぬ反日教:

« 余韻あるうちに句会の後始末 | トップページ | 朝散歩何か寂しい休刊日 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本