2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« お互いに年ですねえとかかりつけ | トップページ | 飲み切ってやれやれやれのこの気分 »

2015年1月23日 (金)

読後感進歩発展悲観的

  1月に読んだ本は4冊になった。

4冊目は「わたしを離さないで」(カズオ・イシグロ著、土屋政雄訳 ハヤカワepi
文庫)だった。(「お気に入りの本」参照)

作者は父の仕事に伴って英国で育った日本人で英国ブッカー賞作家だそうだ。

物語は、全編、優秀な介護人キャッシー・Hの回想としてに展開されていく。
淡々と激することのない文章が続く。

読み始めは、キャッシーの出生、共同生活の施設ヘールシャムなどの詳細がわ
からず、読書中に自らの想像に頼るしか仕方なかった。

ここで粗筋を紹介するのは止めておこうと思う。
終章が迫るほどに事実は明らかになっていく。

科学の進歩発展に、この小説のような影が付きまとう・・ということを教えられた。
キャッシー・Hとその仲間は社会の闇の中へ葬れていく。

2冊目に読んだ「献灯使」(多和田葉子著、講談社版)は、寿命が伸びた(なかな
か死なない)高齢者を扱った小説だった。著者はドイツ在住とのこと。

120歳の曽祖父が曾孫を育てる筋だ。子ども、孫は死んだか行方不明だ。
長寿が必ずしもベストな社会を作るわけではない・・と訴えているようだ。

こうしたジャンルの小説は日本に少ないみたいだね。
新年早々、目が覚めた思いだった。

« お互いに年ですねえとかかりつけ | トップページ | 飲み切ってやれやれやれのこの気分 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読後感進歩発展悲観的:

« お互いに年ですねえとかかりつけ | トップページ | 飲み切ってやれやれやれのこの気分 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本