2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 清濁の濁りばかりがよく目立ち | トップページ | 骨までを燃してしまえば片が付く »

2015年2月28日 (土)

緩やかな流れのように時が過ぎ

  2015年2月も今日で終わる。

思えば、淡々と流れる川のような平凡な日々だった。

昨年のこの時季は、寒いという理由で朝のウォーキングをサボっていた。
当時の記録を見ると、平均して今より2kgほど高かった。
圧も乱高下していた。

今年は、カミさんとのウォーキングをサボったのは雨の日の1日だけ。
お陰で体重と血圧は水平線で推移している。
持病もおとなしくしているようだ。

予定された行事も滞りなく済んだし、離れて暮らす家族も元気だった。

3月も平凡な日々が続くことを願っている。


「お気に入りの本」にも載せたが・・
「息をするように嘘をつく韓国」(宝島社)を読んだ。

韓国ウオッチャー(日本人)のブロガーが書いているが、お隣さん関係の
ブログだけで1冊の本になるとは驚きだ。

これでもか!これでもか・・と、読んでいて胸糞が悪くなるようだ。
このような本を読めば嫌韓になるのは当たり前だと思う。

こんな関係は近隣にとって残念だしお互いに不幸だネ。
なんとかならぬものか?

« 清濁の濁りばかりがよく目立ち | トップページ | 骨までを燃してしまえば片が付く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緩やかな流れのように時が過ぎ:

« 清濁の濁りばかりがよく目立ち | トップページ | 骨までを燃してしまえば片が付く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本