2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 何事もお任せしては思うツボ | トップページ | ひたひたと老いは足からやってくる »

2015年2月 2日 (月)

店閉まり書物難民この地域

  駅のコンコースにあった書店が閉店した。

小さな店で置ける種類は僅かだが、それでも雑誌、文庫本、新書版など買う
こともあった。

何よりも、電車の待ち時間や下車後の立ち読みができなくなったのは寂しい。
数年前に駅の売店もなくなり、改札口前もやけに広くなったと思う。

小さな書店では、大方の読者の要望に応えるのは難しい。
取次店も人気の新刊本も回してくれまい。
単価の低い雑誌、文庫本などでは売上額も知れている。
紙から電子本への移行も売れない背景になっているかも知れない。

それに駅では家賃も高いはずだ。小さく店でも1人分の人件費はかかる。

そうはわかっていても、これで・・
この駅付近はもちろん、駅から半径3kmの範囲に書店は皆無になった。
電車か車で町の中心街に出なければ本が買えなくなった。

いわば、この地域の住民は書物難民になったわけだ。
まあ、本なんか買わなくても死ぬわけではないけど・・何か悲しいネ。



 

« 何事もお任せしては思うツボ | トップページ | ひたひたと老いは足からやってくる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店閉まり書物難民この地域:

« 何事もお任せしては思うツボ | トップページ | ひたひたと老いは足からやってくる »

無料ブログはココログ

お気に入りの本