2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 凄まじい闘病戦士ここにあり | トップページ | 患者にはわからぬ仕組み薬代 »

2015年2月10日 (火)

続けるか諦めるかの角に立つ

 2014年度も残すころ約1ヵ月半になった。

私の所属する2つのサークルも3月末が年度末だ。

1つ目は、10年以上お付き合いしているパソコンのボランティアグループ(Aと呼ぶ)。
2つ目は、2年の在校時を含め3月末で満10年を迎える80名近いグループ(Bと呼ぶ)。

Aは高齢化で実質的な活動はしていない。年数回の飲み会を行っている。

Bは県の外郭団体が運営しているシニア学園で、そこの卒業生で組織されている。
ここも高齢化で退会者が続く。イベントも減らした。私は2013年度の役員を務めた。

AとBから会員を継続するか辞めるかの問いかけが入った。

Aは昨年、今期末に退会するとの表明を出してあるので問題はあるまい。
個人的に親しい人とは個人のお付き合いをすればよい。

Bは来期も続けるつもりだった。昨年は持病もあり全くイベントには参加していない。
しかし、退会・継続の問いかけを機に辞めることにした。

自分の命も長くはあるまい。新たな挑戦をするべきではないかと思ったから・・
そんな気持ちもあって、一昨年に川柳会も立ち上げた。

川柳会は頭を使う。まずカネがかからない。紙と鉛筆があればいい。
句を作るには他人の句も読まなきゃだめだし、句を詠むには本を読み、なによりも
生活を観察しなけばならない。吟行会で気分も一新できる。

飲み会は、50年来の友人が10人以上いる。
お互いに「先がない」と意見が一致、ならばの飲み会を増やそうということになった。

空いた時間は治療や運動に当てようと思う。

10年以上にわたってお付き合いいただいたサークルの皆様、いろいろお世話にな
りありがとうございました。お元気で活動を続けて下さい。








« 凄まじい闘病戦士ここにあり | トップページ | 患者にはわからぬ仕組み薬代 »

サークル活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続けるか諦めるかの角に立つ:

« 凄まじい闘病戦士ここにあり | トップページ | 患者にはわからぬ仕組み薬代 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本