2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 図書館の午後は額で本を読み | トップページ | アクシデントあって普段の良さを知る »

2015年4月30日 (木)

「あんさんはアホやアホやとついてゆく」(大阪弁川柳)」

 タイトル句は、今日の毎日新聞夕刊「しあわせのトンボ」欄より借用した。

同欄で毎日新聞客員編集委員の近藤勝重氏は、アホとバカを比較して
「アホはバカと違って響きが柔らかいやろ。ぼうっとあったかい感じもある。
人間の愚かさをやんわりとわからせるには、バカと叱るより、アホやなあ
がちょうどええねん」と「大阪ことば辞典」より引用して説明されている。

そして、“「もう悩まなくてもいい、アホっぽく生きていいんだと思えてきた。
その日から「出たとこ勝負の私」となった。”と庶民の生活例を述べている。

われわれくらいの年代になると、生活面では大阪のアホ方針で生きて行く
方が良さそうだ。先がないからでもあるが何よりも日々気楽な方がいい。

さて、明日は川柳の5月句会だ。
課題句1句は既に提出済、明日持参の自由吟3句の作り終えた。

真剣にアアだ!コウだ!と東京方式でクソ真面目に意見を言い合うよりも、
「同じアホなら詠まなきゃ損損」と笑い飛ばすくらいの雰囲気がいいかもネ。

来月は故郷で57回目のクラス会がある。
つくづく信州人はクソ真面目だと思う。大阪とは真逆だけどそれも結構だ。







« 図書館の午後は額で本を読み | トップページ | アクシデントあって普段の良さを知る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あんさんはアホやアホやとついてゆく」(大阪弁川柳)」:

« 図書館の午後は額で本を読み | トップページ | アクシデントあって普段の良さを知る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本