2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「菜の花に招かれ小さく小さくなる 伊豆三郷」 | トップページ | 呼びかける防災無線オレかいな »

2015年4月24日 (金)

新聞も比べてみれば意味があり

 A新聞をM新聞に替えて20日以上経った。

どうにかM新聞にも慣れてきた。

まず、内容ではないがチラシの量が違う。M紙の方が断然少ない。
わが家の生活に必要なチラシはちゃんと入っている。古紙の量が減って大歓迎だ。

新聞の頁の量はA紙の方が数頁多い。
この差の原因は両紙の全面広告の頁数にある。A紙の全面広告が頁数を増やして
いる。記事の頁数は同じだった。したがってチラシを含めた総量はA紙が多い。

読み易さは長年慣れ親しんだA紙の方を選びたい。でも慣れればM紙でも問題ない。
文章の書き方も両紙でだいぶ違うようだ。M紙の方が詰め込み記事が多いと感じる。

チラシを含めた広告量で両新聞社の経営力が判断できるようだ。

記事の基本的な訴求力はもう少し読んでから判断したい。
今のところ、M紙を0とすればA紙は-2(左)といったところではないかと・・と思う。
そうすると好きでないY紙とS紙は+2、+3(右)になるかな。

ところで・・
両紙を含めて、新聞の役割とは何だろうか・・と考える。
一方、速さといえばビジュアル系でテレビがある。ネット情報も溢れている。
ニュースのスピード性では新聞の役割は終わっている。

ニュースの深耕性で言えば、新聞はネット情報ほどの幅も深さもない。
本当に読者が求めている情報が報道されていないね。

やはり読者は、さまざまな大量情報から取捨選択して自分流に情報をまとめなければ
ならないようだ。辛いけど仕方ない。









« 「菜の花に招かれ小さく小さくなる 伊豆三郷」 | トップページ | 呼びかける防災無線オレかいな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新聞も比べてみれば意味があり:

« 「菜の花に招かれ小さく小さくなる 伊豆三郷」 | トップページ | 呼びかける防災無線オレかいな »

無料ブログはココログ

お気に入りの本