2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« スポーツが五時に集まり燃え上がる | トップページ | 堂々と受けて立ったらどうですか »

2015年5月25日 (月)

速報が揺れに遅れて届くとき

  最初に弱い横揺れで始まった。

椅子から立ち上がったら強い揺れが襲った。
その時、携帯からエリアメールの地震速報が鳴った。
14時28分だった。当地は震度4の揺れだった。

・・と言うことは、この地震の震源地は近いということだ。
強い揺れで立ち往生していたら揺れはすぐに収まった。
今思えば、半分オロオロ状態だった。

こういう時、次は何をしようかと考えないんだね。

書棚の写真立てと置時計が転げ落ちたが他に被害なし。
家具は全部転倒防止がされているから安心だし、とにかく
揺れが収まるまで何かにしがみついているしかないんだ。

東日本大震災当日は、筑波山中で地震に遭った。
あの時もただ歩くしか仕方なかった。

近々、何か大きい災害がありそうな予感がする。
最小限の避難用具をまとめておく必要がありそうだ。



« スポーツが五時に集まり燃え上がる | トップページ | 堂々と受けて立ったらどうですか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報が揺れに遅れて届くとき:

« スポーツが五時に集まり燃え上がる | トップページ | 堂々と受けて立ったらどうですか »

無料ブログはココログ

お気に入りの本