2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« お疲れのご様子ですねかかりつけ | トップページ | 手放させぬ自由気ままな一人旅 »

2015年5月21日 (木)

知らぬこと読んでわが身の無知を知る

   私の実家は曹洞宗の寺の檀家だ。
自分の墓も寺が運営する墓地に確保してある。もっとも墓地は宗派不問だった。

自分は曹洞宗の信徒でないが、こんな経過もあって、「あなたの知らない道元と
曹洞宗」(歴史新書)を読んでみた。

それに一昨年に続いて北陸への旅行を計画している。
特に加賀、越前は曹洞宗の古刹が多いし、歴史背景を知っておいた方が楽しいから。

宗祖の道元から孤雲、義界へ、そして現在へ連綿と続く系譜、総持寺を開山した瑩山
など曹洞宗の教団概要をおぼろげに理解できた。

徳川幕府の寺社統制で大きな役割りを果たした関三刹など、ハイキングに行った寺に
にこんな歴士があったとは?(栃木市の大中寺など)興味深かった。

座禅、修行などの考え方、方法も読んだ。機会があれば座禅体験もしてみたい。

間もなく亡父の三十三回忌がやってくる。少しでも供養に役立てればと思う。


写真:庭に花が咲いた(カミさんに名前を聞いたが知らないと言った)   
    Img_34841

 

« お疲れのご様子ですねかかりつけ | トップページ | 手放させぬ自由気ままな一人旅 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬこと読んでわが身の無知を知る:

« お疲れのご様子ですねかかりつけ | トップページ | 手放させぬ自由気ままな一人旅 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本