2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 朝発てば白浜の海お昼前 | トップページ | ダラダラとしても何とかメリハリを »

2015年7月28日 (火)

他の客と笑いが合わぬ寄席の芸

  午後、 久し振りに東京へ出た。

幼馴染との飲み会で新橋に5人集まった。
連日猛暑が続いているが今日は若干気温が低いような気がする。

地下鉄を銀座で降りて銀座通りを新橋まで歩いたが、相変わらず外国語
が飛び交い、むしろ日本人が少ないように思えた。この暑さじゃネ。

開いたばかりの居酒屋、貸し切り状態で楽しい時間は瞬く間に過ぎ去った。
終わって外へ出たらまだ明るい。銀座線で新橋から浅草へ。

目的は浅草演芸場で演芸を観るためだ。招待状をいただいていたから。

田原町で下車、そう言えばこの駅での乗り降りは初めてだ。
道路に上がったら、いつも見慣れている建物や施設が見当たらない。

東京スカイツリーや浅草ビューホテル、ロックスビルなどが見えないんだ。
これじゃ方向が定まらない。見慣れた場所の死角ということかな。

そこでシャッターを閉めていた店の従業員に浅草演芸場、ロックスビルの場
所を聞いたが知らないという。
奥のオーナーらしい人が出て来て親切に教えてくれたが、この従業員も外国
人のアルバイトらしい。もう観光もその下支えも日本人だけではできないんだ
と改めて考えさせられた。

1時間半ほと、寄席芸を楽しんだ、15分刻みで芸人が入れ替わるから案外
飽きないね。ただ、観客の笑いと自分の笑いが一致しない。何がオカシイん
だと時々思った。さすがここは日本人だけの世界だった。

家に帰ってカミさんに聞いたら「アンタが年取ったのよ」が返事だった。

« 朝発てば白浜の海お昼前 | トップページ | ダラダラとしても何とかメリハリを »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他の客と笑いが合わぬ寄席の芸:

« 朝発てば白浜の海お昼前 | トップページ | ダラダラとしても何とかメリハリを »

無料ブログはココログ

お気に入りの本