2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 相手から戦争見れば興味倍 | トップページ | 野球でも芽が出る人と出ない人 »

2015年8月21日 (金)

恐竜に子どもになって立ち向かい

 午前中からの打合せが終わって午後の時間に余裕ができた。
そこで久し振りに映画を見ることにした。
幸いポイントが満杯になったカードがあり、これ1枚で無料観賞できる。

上映時刻に間に合うのが「ジュラシック・ワールド」だ。

2時間ほど、天候不順な外とは無縁な世界で子供に帰って楽しんだ。
やはり米国映画の舞台装置は凄い!
恐竜もまさに生きている実感がする。
夏休みの子ども向きだと思うが観客はマバラだった。

筋は米国流のごくありふれたもの。
島全部が生きいる恐竜博物館になっている「ジェラシック・パークが舞台。

最新の遺伝子工学を駆使して生まれた1頭の恐竜が園から脱走する。

この恐竜にまつわる人たちの物語だ。
最後はいつものとおりハッピィエンドだった。


さて、帰り道では・・
帰路に渡った陸橋下でなにか騒がしい。
消防車1台が待機した中で、ハシゴを橋桁に架けた人たちがなにかして
いる。警察官が交通整理をしている。

見物人に聞く。

「何かあったんですか?」
「猫が橋桁の上で動けないので救出しているんですよ」

たかが猫1匹でこの騒ぎ、つくずく日本は平和だなあ!・・と思う。

こんな優しい日本人がいえば、別の日本人が人を殺す。
人間って複雑だなあ・・と思った。


« 相手から戦争見れば興味倍 | トップページ | 野球でも芽が出る人と出ない人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜に子どもになって立ち向かい:

« 相手から戦争見れば興味倍 | トップページ | 野球でも芽が出る人と出ない人 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本