2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 孫育ちジジババ老いて時は過ぎ | トップページ | 救出劇リアルで迫るもどかしさ »

2015年9月 9日 (水)

属国になれば気持ちが楽になり

 台風18号の影響で午後は激しい雨なった。
もうすぐ午後4時、小降りになったようだ。まだ荒れるのかな?

こんな日は、冬眠している熊みたいにジィっとしているに限る。


冬眠中の熊は飲まず食わずだが、自分は食って読む引き籠りだ。

読んだ本は「中国という蟻地獄に落ちた韓国(鈴置高史著、日経BP社版)
                               「お気に入りの本」参照

本書の初版は2013年11月だから、そろそろ発刊以2年経つ。
9月4日の北京の軍事パレードなどのニュースを聞いていると、本書での
予想は当たっていようような気がする。

ますます韓国の「中国傾斜」が進んでいる・・と言えるだろうネ。

まさに「よみがえる華夷意識」といったところだ。

タダで汗をかかない中国
お人好しではない米国

2つの大国の狭間で揺れ動く子羊!
果たしてこの二股外交はどうなる、結果は君らが負うことになるんだよ。

くれぐれも日本のせいにしてくれないでネ。

« 孫育ちジジババ老いて時は過ぎ | トップページ | 救出劇リアルで迫るもどかしさ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 属国になれば気持ちが楽になり:

« 孫育ちジジババ老いて時は過ぎ | トップページ | 救出劇リアルで迫るもどかしさ »

無料ブログはココログ

お気に入りの本