2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 病院にシニア大勢溢れる日 | トップページ | 長野から北陸行きのドア開く »

2015年9月15日 (火)

口の中歯医者は探す飯の種

 今週は私のmedical week、今日は2日目で歯科検診日だった。

月1回の検診で、ここ2ヵ月は異常なし、口の中は掃除だけで済んだ。

そろそろ、何かを見つけて治療をしないと収入が増えない・・と先生が思った
かどうかわからないが、私は診察のため椅子に座ったとたんにそう考えた。
長年、通院していると先生のクセもしっかり把握しているからね。

案の定、予想とおりになった。
確か、右下2番の歯だったようだが・・
 「黒い線が出ている。削って詰めておかないと虫歯になりますよ」
口を開けさせたまま先生はそうおっしゃった。私はうなずくしかなかった。

わずか数分の作業で終了、費用は掃除だけの4倍だった。

大した費用でないし、それで歯の健康が保たれるなら結構だ。

それにしても歯科医院が半径500mの範囲に10軒近くひしめく激戦地区、生き
残るのは大変だ。固定患者を掴み、継続的に治療に通わせ、治療の種を身つ
けて飯を食っていかなければならない。まあ商売とはそんなモノだと思うけど。
まあ、がんばって下さい。狭い口の中にお宝があるんだから・・。

今週は、まだ特定健診と内科検診が待っている。
昨日の診察でまたまた服用薬が増えた、私もかつてバカにしていた高齢者患
者にしっかりとなったようだ。


鬼怒川の氾濫で常総市で行方不明とされた14名が全員無事だったそうだ。
良かったね! 対象者の氏名が個人情報保護で公表されなかったという。

避難先を川方向に指示した常総市、現場対応で右往左往したワリにはこうした

ことにはガンバルんだね。お役人だから仕方ないのかな?




« 病院にシニア大勢溢れる日 | トップページ | 長野から北陸行きのドア開く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口の中歯医者は探す飯の種:

« 病院にシニア大勢溢れる日 | トップページ | 長野から北陸行きのドア開く »

無料ブログはココログ

お気に入りの本