2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 長野から北陸行きのドア開く | トップページ | 変わりゆく購買心理ふわふわと »

2015年9月17日 (木)

尻嘗める翼賛会の議員ども

   先ほど、安保関連法案が参院安保特別委員会で強行可決された。

いずれは可決成立されるとは思っていた。
これで安倍総理は祖父の思いに一歩近づくことになるのだろう。

私は、必ずしも現行憲法に固執することでもないと思っている。
時代は変わるから、わが国を取り巻く環境も変わる。時代に合わない憲法
なら変えたらいい。

だから、この安保関連法案が必要で憲法に抵触する恐れがあるなら憲法を
改正すべきだと思う。
堂々と論陣を張って憲法改正の必要性を国民に訴え、安保関連法案を整備
すればいい。

憲法改正ができないなら、衆院を解散して総選挙で民意に問うのが筋だ。
選挙前、たった数行で安保について述べただけの公約は詐欺みたいだね。

単なる閣議了解で国の行方を決める憲法解釈変更が許されるのか?
内閣の判断ミスで、国を存亡の危機に陥れたことは歴史が示している。

政治が責任を追わないことは、五輪新競技場やエンプレム問題がいい例だ。

それにしても、自民党内で「これはおかしい」と、安倍総理に直言できる議員
が皆無とはどういうことだ!

政治に命を賭けると選挙ではカッコの良い事を言って、いざ当選すれば安倍
総理の尻を嘗めてばかりとは情けない。

この有様を国民はしっかりと覚えておこう。
来年の参院選挙で民意を示そう。

こうしたことになったのは、国民の判断が甘かったのだから・・。



« 長野から北陸行きのドア開く | トップページ | 変わりゆく購買心理ふわふわと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尻嘗める翼賛会の議員ども:

« 長野から北陸行きのドア開く | トップページ | 変わりゆく購買心理ふわふわと »

無料ブログはココログ

お気に入りの本