2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 属国になれば気持ちが楽になり | トップページ | ふざけるな消費増税この試案 »

2015年9月10日 (木)

救出劇リアルで迫るもどかしさ

  昨日からの雨が、これほどの災害を引き起こすとは想像もできなかった。

正午過ぎ、台風18号の影響で
茨城県常総市の鬼怒川の堤防が決壊、家に取
り残された人々の救出劇をライブでテレビを見ていた。

直線でわずか20km先で起きているこの災害の現実!

家々の2階や屋根の上で手を振り、救出を待つ人たち・・。
見ているだけで気が揉める。できるなら手を差し伸べたいくらいだ。

印象に残ったのは電柱下で手を振っている1人の男性。救出されたようだ。

災害に遭った皆さんにお見舞い申し上げます。全員無事でありますように!


ところでわが家では・・
朝起きて、玄関先に出ると見渡す道路は膝の高さまで水没していた。(写真)

駐車場の車は前輪のホイール半ばまで水がきていた。
駐車場と道路の段差を埋めるための長さ3mの
重いプラスチック板は、30m先
の公園脇まで流されていた。

回収は簡単だった。水に浮かしてそのまま引いてくればよかったから。

近隣の河川改修が進み、広大な遊水池ができてここ10年近く、大きな出水は
なく安心していたのだが・・、でも考えればこの程度で済んだのは幸いかもネ。

自然災害の現実を実感した日だった。

Img_3594

« 属国になれば気持ちが楽になり | トップページ | ふざけるな消費増税この試案 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救出劇リアルで迫るもどかしさ:

« 属国になれば気持ちが楽になり | トップページ | ふざけるな消費増税この試案 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本