2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ヘソクリを放っておいて十余年 | トップページ | 老い二人桜迎える散歩道 »

2015年10月14日 (水)

たかが野球それでもいつも胸躍る

   プロ野球のクライマックスファイナルステージが始まった。

セは巨人が、パはロッテが先勝した。
ヤクルトファンとしては残念だったが、アドバンテージが1つあるから、
これからがスタートとなる。明日からのゲームに期待しているよ。

ヤクルトの攻撃はつながらず、畠山のホームラン1本とは情けない。
また、バレンティンの不調は、素人目に見てもバラバラだね。
短期決戦、実力主義で思いきって雄平を5番に据えたらどうだろうか?

パ・ロッテは下剋上の実績がある。
でも今夜はソフトバンクは強かった。延長でロッテを下したね。
残りの試合もゆめゆめ油断召されるなよ!


野球中継に最中に、保育園児の5歳の孫娘Hから電話があった。
明日は保育園の遠足だという。嬉しさイッパイの声は心に染みる。

行き先は多摩動物公園、嬉々とした声が受話器の向こうで響く。
母親(娘)は朝4時起きで、弁当を作るという。その後で6時過ぎに出勤、
父親(婿)が保育園へHを送って行く。

2人ともフルタイムの共働きでよくやっていると思う。
孫の嬉しがり方のこうした両親に支えられているんだ。
安倍総理の出生率1.8願望は、どう考えても困難だ。

« ヘソクリを放っておいて十余年 | トップページ | 老い二人桜迎える散歩道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが野球それでもいつも胸躍る:

« ヘソクリを放っておいて十余年 | トップページ | 老い二人桜迎える散歩道 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本