2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 寝ていろと言うがますます目がさえる | トップページ | かかりつけ医者も身のうち使いよう »

2015年10月18日 (日)

やれ嬉し孫が見舞いに駆けつける

 

体調は依然として良くないが、雨のため止めていた朝の散歩を再開した。

ついでに少し遠回りして公共図書館に寄り、借りていた厚い本2冊を返すことに
した。ここ数日、相手をしてくれた本だ。時間外の返却口へ入れれば済む。

やはり歩くのは楽しい。行き交う知り合いとの「お早う」の挨拶もいつもの通り。

溜まっていたメールを整理していたら、娘が孫娘のH(5歳)を連れて来た。

まさに、ジイジの見舞いにきたような気がした。
ホントは疲れたムコを自宅で休ませてやりたかったから・・とのこと。

孫が玄関に入って来ても、私はすぐに駆けつけない。
なぜなら、20kgくらいの肉弾がモロにぶつかってくるから・・。
今、私にはこの直撃弾を受ける体力も自信もない。
やはり期待して飛び込んだHは、私がいなくて勢いを削がれたという。

やはり体重は19kgだそうだ。危うく難を逃れた。(但し、後でたっぷりぶつかり
合いの相手にされたけど・・)

「大きなウンチをするとママが喜ぶんだよ」と、尻の始末をさせられたり、買物
に引っ張り出されたり、それなりに祖父の甘さを上手く利用させられたようだ。

夕食前に、ムコの食事の用意があると言って親子で帰って行った。
お別れには濃厚なチューを頬にタップリしてもらった。

素晴らしい見舞客だった。

Img_36451

« 寝ていろと言うがますます目がさえる | トップページ | かかりつけ医者も身のうち使いよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やれ嬉し孫が見舞いに駆けつける:

« 寝ていろと言うがますます目がさえる | トップページ | かかりつけ医者も身のうち使いよう »

無料ブログはココログ

お気に入りの本