2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« こんなことあったんだねと請求書 | トップページ | やっぱり上から目線この言葉 »

2015年10月28日 (水)

有明や朝の散歩の足照らす

 昨日は旧歴の9月15日、夜は満月だった。
昨夜は、プロ野球日本シリーズをTVで観戦していたので満月とは知らなかった。

今朝、5時半にカミさんと散歩に出ると、西の空に真ん丸お月さんが輝いていた。

おそらくこの月の大きさなら旧歴9月15日前後だろうと考えた。まさに図星だった。
この季節のこの時間、まだ薄暗い、まるで2人の足元を照らすようだ。

特に刈り入れの終わった田んぼ、農道脇の木々、遠く歩く人のシルエット、これら
の景色の上に輝く満月、一部分を切り取れば広重の浮世絵みたいだった。

残念ながらカメラは持っていない。持っていても多分、月は目で見えるような大き
さには撮れなかっただろうね。

気分爽快の朝だった。


« こんなことあったんだねと請求書 | トップページ | やっぱり上から目線この言葉 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有明や朝の散歩の足照らす:

« こんなことあったんだねと請求書 | トップページ | やっぱり上から目線この言葉 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本