2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 坪単位こんな基準があったとは | トップページ | 山の上人人人と冬桜 »

2015年11月30日 (月)

庭木伸びわが身は縮むこの格差

 良い天気になった。

庭の伸び過ぎたヒマラヤ杉を剪定することにした。
業者に頼むと数万円するらしい。そんなお金払うのもったいないしネ。

このヒマラヤ杉、結婚以来40年以上もわが家の庭に立っている。
1回植え替えし、上部の幹もカットしたが元気そのもの、毎年剪定している
にもかかわらず伸び続けている。(枝は1年で10cm以上もだ)

逆に、わが身の身長は縮み続けてる(mm単位だけど・・)

両者の差は開く一方だ。ヒマラヤ杉は高さ4m近い。
当方は加齢のせいで体は固い。したがって高所作業は危険が伴う。

と、いうことで・・
買って来た剪定用の鋸で枝の刈り込みと最上部の幹の切断を始めた。

半分ほど進んだところで疲れたので止めた。
不慣れな高所作業、刈り取った枝葉が山ほどで後処理に時間がかかった。

モノ言わぬ庭の相棒は、虎刈りの頭のように無残な姿をさらしている。

« 坪単位こんな基準があったとは | トップページ | 山の上人人人と冬桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭木伸びわが身は縮むこの格差:

« 坪単位こんな基準があったとは | トップページ | 山の上人人人と冬桜 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本