2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 喪中とギフカタログで月が明け | トップページ | まだ疼く百名山の夢の跡 »

2015年11月 3日 (火)

食べ頃と見えるが鳥も寄りつかず

  寝坊して今朝の目覚めは6時半だった。いつもは4時半起きなのだが・・。
昨夜は深夜に2時間ほど本を読んだせいらしい。
今月は、まず2日間で1冊読んだことになる。読書は順調だ。

今日は早くから昨日の冷たい雨と寒さとは真逆の晴天が広がった。
本は後回しでも歩くべきだった・・と思う。残念だ。

わが家の裏に柿の木がある。
何年か前に近くの農家が畑に植えたものだ。
当時はず~と向こうまで見渡せたものだが、今は大きく成長した木々が視界
を遮って視界が狭くなってしまった。

今の季節、いやでも私の部屋から満艦飾の柿の実が迫る。
ところがこの柿、渋柿で鳥でさえ寄り付かない。農家も放りっぱなしだ。

とりわけ青空に柿の実が映えるこの頃、観賞するだけのシロモノとは残念!


Img_3650

« 喪中とギフカタログで月が明け | トップページ | まだ疼く百名山の夢の跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食べ頃と見えるが鳥も寄りつかず:

« 喪中とギフカタログで月が明け | トップページ | まだ疼く百名山の夢の跡 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本