2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« くたびれたオレに優しい鉢の花 | トップページ | 剪定をすれば冬空目に迫る »

2015年12月16日 (水)

岩盤に穴を開けたか最高裁

 「再婚禁止期間180日は違憲」と「夫婦同姓は合憲」と最高裁判決が出た。

わがファミリーや周りには該当者がいないので実感がわかない。

どうして再婚禁止期間180日は違憲で100日が合憲なのかピンと来ない。

例えば・・
事実上、結婚生活が破たんして次の男性と同棲していて、その後夫と離婚が成
立し、その後100日以内で生まれた子供の場合は現状と同じで前夫の子となる。

この場合、果たして子供ためになるだろうか?
DNAで判断するのかな?

夫婦同姓は合憲だという。
確かに結婚後は夫婦どちらかの姓が任意で選べる。また姓が変わっても通称名
が使えるかも知れない。

けれども夫婦別姓で活躍したい人たちも、少数派ながらいるのも事実だ。
また、夫婦別姓で家族の絆が切れるような結婚なら、そんな結婚は長続きしまい。

もっと柔軟に考えて、夫婦別姓など認めてしまったらどうか!誰も損はしないはず。
別姓になれば、行政の変更手続きが大変だしカネもかかる。
裁判官はそんな懸念を持っているとは思えないが・・。頑迷だね。


もっとも本案を国会に戻しても、頭が固い先生方は別姓に賛成はしないだろうね。

« くたびれたオレに優しい鉢の花 | トップページ | 剪定をすれば冬空目に迫る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩盤に穴を開けたか最高裁:

« くたびれたオレに優しい鉢の花 | トップページ | 剪定をすれば冬空目に迫る »

無料ブログはココログ

お気に入りの本