2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« さっぱりとわからぬ孫の葬儀慣れ | トップページ | 日本流会社を変える仕組みとは? »

2015年12月12日 (土)

一日で生死に触れる十二月

 今日は、昨日の仏様との告別式。
今日は土曜日、昨夜遅く娘が来宅したので孫のHは製造元に戻った。
したがって、この日はわが夫婦だけの外出、気楽でいい気分だった。

お天気も良く仏様にも良い旅立ちだったと思う。

葬儀では、いつも収骨の時には人間のはかなさを感じる。
わが身もそう遠くない時期に骨壺に入ってしまう身だから・・。

無事に告別式も終わり、親族に別れて帰宅。
帰宅して1時間後には、ご近所の仲良し夫婦と忘年会となった。

こちらは、ご近所情報、健康情報やネット情報などが飛び交いにぎやか。
特に女性はよく喋った。日頃のストレスを吹き飛ばしているようだった。
自分は疲れて半分ウツラウツラ、夢うつつの3時間半だった。

今日は土曜日、居酒屋は若い人たちで一杯だった。
やはり若い人の声が響く世界はいいねえ~。
しっかりと青春を楽しんでほしい。

« さっぱりとわからぬ孫の葬儀慣れ | トップページ | 日本流会社を変える仕組みとは? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日で生死に触れる十二月:

« さっぱりとわからぬ孫の葬儀慣れ | トップページ | 日本流会社を変える仕組みとは? »

無料ブログはココログ

お気に入りの本