2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 日韓の影にホワイトハウスあり | トップページ | 今日だけはデカい面して世を照らす »

2015年12月31日 (木)

「琴となり下駄となるのも桐の運 林忠崇」

 タイトルは幕末の上総請西藩林家1万石 林忠崇の句である。
「明治維新という過ち~日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト~」(原田伊織著、
毎日ワンズ版)のあとがきから拝借した。(「お気に入りの本」参照)
藩主の林忠崇は藩士もろともに脱藩し、幕府側として薩長(官軍)と戦った人だ。

本書は、2015年読んだ最後の本となった。

本書は書籍名は過激だが、幕末から明治にかけて薩長に破れた幕府側から見た歴
史書だといえる。特に、新しい日本を作る思想も展望を持たない長州藩士をテロリス
ト集団と決めつけている。

この長州の流れが、ひいては太平洋戦争を引き起こし日本を破滅に導いたという。
松陰の思想は、まさしく侵略と領土拡大を煽るものだ・・これが表紙の副題だ。

われわれが学んだ(しっかりと学んだ記憶はないが)維新の歴史は、著者が言うとお
り薩長側(勝てば官軍)からみた歴史で、会津や二本松藩(負ければ賊軍)からみた
た歴史は学んでいない。教えてもいないからネ。

ましてや、150年の断片的に切り裂かれた歴史教育では、過去と現在がどうつながっ
ているのか理解し難い。歴史に断続はないんだ。

読んでみて、こんな見方もあったんだ!・・と、目から鱗の思いだった。


さて、娘一家があす元旦にわが家にやって来る。
年末は婿さん方の一家とスキー場へ出かけているようだ。
娘から孫の写真を送って来た。待っているよ。

2015123020300000_3










« 日韓の影にホワイトハウスあり | トップページ | 今日だけはデカい面して世を照らす »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「琴となり下駄となるのも桐の運 林忠崇」:

« 日韓の影にホワイトハウスあり | トップページ | 今日だけはデカい面して世を照らす »

無料ブログはココログ

お気に入りの本