2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 喪中ハガキ賀状印刷直後着 | トップページ | 見え透いた余地を残したせこい国 »

2015年12月22日 (火)

身が締まる冬至の朝に池二周

 今朝は、昨日の疲れかカミさんが歩かないという。

こんな朝は別コースを歩く絶好のチャンスだ。

いつものコースを歩くと必ず「奥さんは?」と訊かれる。
こんな質問を避けるためには別コースを歩くに限る。

行き交う人たちとは挨拶だけだし、しかも別コースではいつもと違う刺激も
受けられる。

今日は冬至、1年で1番日中が短い日だね。

途中、1周950歩の池を2周した。
ちょうど日の出の時刻だった。(多少早かったかも・・)
そこで撮ったのが下写真、もう少し太陽が昇ってからの方が良い写真が撮
れたと思う。

7時前で10500歩歩いた。しかもノビノビとネ。

Img_36871_2



« 喪中ハガキ賀状印刷直後着 | トップページ | 見え透いた余地を残したせこい国 »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身が締まる冬至の朝に池二周:

« 喪中ハガキ賀状印刷直後着 | トップページ | 見え透いた余地を残したせこい国 »

無料ブログはココログ

お気に入りの本